トースターでパンを作る

そうだ、パンを作ろう

 トースターでクッキーが出来るならパンももしかして出来るんじゃね?と思ったからなのか、パンを買いに行くのが面倒だったのか、はたまた経済的にお得だと思ったのか、材料だけなら日持ちするからいいなと思ったのか、その辺の理由は定かではない。いや、全部かもしれない。

 とにかく「パンを作ってみよう」と思った。

作り方を調べた

 こういう時はまずは調べてみるに限る。無理だと思っても意外と可能だったりするのだ。という訳で「パン 作る トースター」あたりの語句で検索してみた。

 クックパッドにそのレシピがあった。

 読んでみるとそれほど難しそうな気はしない。強力粉はピタパンを作る時に使ったことがあるし、使ったことが無いのはドライイーストだけだった。ドライイースト……普通は買いませんよね。パンとお菓子を作る以外では使わないであろう代物。

 という訳で強力粉とドライイーストを買ってきた。トータル600円弱。

 ドライイーストは小分けされたものと、一袋にまとめて入っているものがある。量的にお得なのは一袋の方だが、レシピに従うと使うのは1回1グラムである。そして、どうやら空気に晒すとドライイーストは劣化するものらしい。なので小分けされたものを選択。

1日目

 生地を作ってタッパーに入れて放置した。翌朝みるとそれほど膨らんでいなかった。こんなものかと思ったが、実はこれは発酵が失敗していた。

 とりあえずトースターで温めて追加の発酵をして焼いてみた。結果。

 ぱっと見美味しそうに見えるかもしれない。しかし見た目に騙されてはいけない。写真が上手く撮れたのだ。

 味は……まあ、食べれるけれど美味しいというものではなかった。

 全工程をやってみて分かったのは、発酵が大事だと言うこと。それ以外は単に混ぜて練って焼いているに過ぎない。パンとはイースト菌による発酵だったのだ。これが分かったのは大きい。

2日目

 今日。2021年12月1日。発酵が重要であろうことが分かったので、その辺を簡単にするべく工夫した。

 まず最初の発酵を保温するために、保冷バッグを使うことにした。元々持っていた百均のものである。内側にアルミシートが貼ってある簡単なバッグだ。どうやらピクニックとかに使うものらしい。

 これに生地を入れたタッパーを入れ、さらにバスタオルで包んだ。これでそうそう温度は下がらないはず。その状態で一晩生地を寝かせた。

 翌朝、生地を見てみると見事に倍ぐらいに膨らんでいた。発酵は成功だった。膨らんでとても柔らかくなっていた。

 強力粉を振って2つにまとめ、温めたトースターに丸めた生地を入れ、水を霧吹きし、トースターのスイッチを入れて温めた。少し長めにオンにしてしまったが気にしない。

 そしてトースターの温度がぬるいのを確認して、バスタオルをかけて30分ほど放置して発酵。ここで前日はトースターをオンオフを繰り返しをして保温したが、この方法なら簡単だ。

 結果よく膨らんだ。成功である。あとは焼くだけ。

結果

 2日目にして美味しいと思えるパンが完成。前日とは違い、フワフワでモチモチである。

 パンを作るのは発酵が面倒くさい。しかしそこを工夫で端折ればパンを作るのは簡単になる。今回、保冷バッグやタオルを使って保温に工夫をした。結果かなり簡単になったように思う。

 ちなみに材料費を計算してみたら、電気代考えても1食あたり50円ぐらいだった。安い。時間がかかるのが難点だが、放置できるのならばそれほど面倒でも無い。

今日の甘味製作:チョコクッキー

My New Gear …

クリーンヘラ(DAISO)

 お菓子やパンを作る時に混ぜて練る道具。正しくはスパチュラと言うらしい。パッケージにもCLEAN SPATULAと書いてある。昔はクリーンスパチュラという名前で売っていたらしいし。多分スパチュラ?みたない反応が多かったので「ヘラ」にしたのかもしれない。

 使ってみたら、これがなかなか優れもの。手を使わずに混ぜる、捏ねる、生地を切るが出来る。なんと、まるで手を汚さずに(こう書くと悪役のようだ)、クッキーが出来た。スパチュラ素晴らしい。なんかこう、文明的ですよ?

 惜しむらくは、耐熱温度が70度なこと。よく見ていなかった。なので、熱いものには使えなさそう。多分クッキー生地を捏ねるぐらいは大丈夫なはず。まあ百円だし。

バターケース(DAISO)

 これもなかなか優れもの。バターカッターがついている。カッターと言っても金属ではなく硬いプラスチック。でもバターを切るのには問題は無い硬さ。一度に20gづつ切れる。クッキーを作るのに都合が良い。

 毎回バターを切るたびにナイフを洗う必要がないのでラク。

材料と道具と作り方

 ほぼ同じなんで省略……するわけにもいかないので軽く1行で書くと、材料はバター20g、板チョコ3分の1、黒糖小さじ2、小麦粉40g。

 道具は片手鍋、ステンレスボウル、菜箸、スパチュラ、オーブントースター、アルミホイル。

 作り方は片手鍋に湯を沸かして、その上にボウルを乗せてバター、チョコ、黒糖を溶かし、小麦粉を加えてスパチュラで練って切って成形。アルミホイルに並べて上からもホイルで蓋をし、トースターで700wで7分ほど。

出来上がり

 実は二度ほどバター抜きでチョコクッキーを作ってみたが、それはまるでクッキーでは無かった。クッキーにはバターが必要らしい。多分揚げるような効果があるんじゃないかなと推測。

 出来上がりはなかなか上手く出来た。味はまあまあ。チョコの味が弱いかもしれない。練りが強かったのか少し固めだけれどもこれはこれで。

Pocket Train:デイリーでスペシャルクレートを

Pocket Trainにはデイリーがある

 Pocket Trainには地味ながらデイリーがあります。デイリーが何か分からない方のために簡単に説明すると、毎日発生するイベントです。

 デイリーがなぜあるかと言うと、毎日プレイしてもらうためです。MMORPGから始まった形式だと自分は記憶しています。知っている範囲では「World of Warcraft」が最初ですかね。最近はスマホゲームとかどのゲームにもたいていありますね。

 言ってみればユーザーのプレイを促す「エサ」なので、ユーザーには利益があります。その代わりに時間かかるんですけども。

 Pocket Trainのデイリーをこなすと、スペシャルクレートと20バックスが貰えます。スペシャルクレートとは「特別な車両のパーツ」が入った箱です。開けると何種類かの中から車両パーツが1つだけ出てきます。

 スペシャルクレートはこのデイリーで手に入れるか、駅にたまにあるのを「ゴールドで買う」ことでしか手に入りません。買うと5万ゴールドほどかかりますので、デイリーで手に入れるのが無難だと思います。

デイリーのある場所

 Menuを開いて左側にある「EVENT」と書かれたアイコンがデイリーです。赤で書かれている数字は、あといくつ運ばないといけないかを示した数字です。

デイリーは2種類

 アイコンを押して開くと、英文でどこにイベントがあるのかが書いてあります。地名を探せば良いです。例えば「コルカタ(KOLKATA)」。インドの都市ですね。

 それを確認したら、あとは車両を運ぶだけです。

 運ぶのは2種類あって。「ある駅へ運ぶ」のと、「ある駅から運ぶ」のがあります。方向が逆になっています。

 ちなみにアイコンの数字が50だと目的地から他へ運ぶイベントで、75だと目的地へ運ぶイベントになっています。

効率的に回す方法

 以下多少のネタバレあると思うので、了承する方のみ進んで下さい。

続きを読む

今日の甘味製作:クッキー(量産テスト)

すぐ食べてしまうので

 作ってもすぐに食べてしまうので、大量に作ろうと思った。せめて2日は保たせたい。

作戦

 トースターの面積に限りがあるので、大量に作るのなら四角い方がいいのでは作戦。

 そのためにめん棒を導入して、生地を伸ばし、ナイフで切る。

工程

材料

  • バター:40g
  • 黒糖:40g
  • 薄力粉:80g……の予定だった

器具

  • オーブントースター
  • ステンレスボウル
  • 菜箸
  • 片手鍋
  • ラップ
  • 果物ナイフ
  • めん棒……の代わりのラップの芯

作り方

今日の甘味製作:クッキー2

 途中まで前回に同じ。量が違うだけ。
 簡単に書くと、バターと黒糖を温めながら溶かし、そこに小麦粉を加え混ぜて生地を作る。

 ……のはずだったが、なぜかなかなか良い感じの生地にまとまらず、薄力粉を大量追加。なんとかまとめた。何故かはそのうち考えることにする。

 出来た生地を上下ラップで挟み、めん棒で薄く伸ばし、包丁で四角く切った。

 あとはアルミホイルに並べてトースター700wで7分ほど焼いた。

結果

 味は前回とほぼ変わらない。つなぎが弱い気がするけれど、つまんで崩れる程ではないので良しとしておく。

 思ったよりも量が作れていない気がするのは、薄いからだろうか?

今日の甘味製作:クッキー2

前回までのあらすじ

 前回、作者は極寒の中でクッキー作りに挑戦をした。悪戦苦闘の結果、なんとかクッキーの錬成に成功したのである。まる。

今日の甘味製作:クッキーを作りました

反省点

 前回、具材の混ざり不足を感じた。セオリー通りに黒糖にふるいをかけてダマを取り除いても良かったのだが、そこはモッタイナイ精神に溢れる作者のこと。素材を無駄にはしたくなかったのである。そこである作戦を練った。

作戦

 混ざりが悪いなら溶かしちゃえばいいじゃない……作戦。

 金属のボウルを使い、その金属のボウルにバターと黒糖を入れ、湯を沸かした鍋の上に置いて温めて溶かす。

 その後薄力粉を混ぜてダンゴにして整形してクッキー生地にする。

製作

材料(いずれも目分量)

  • バター:20g
  • 黒糖:20g
  • 薄力粉:40g

道具

  • 手鍋
  • 金属ボウル
  • 菜箸
  • オーブントースター(700wぐらい)

工程

 手鍋に少量の湯を沸かし、火を止める。

 金属ボウルにバターと黒糖を入れ、手鍋の上に置いて、混ぜながら溶かす。

 薄力粉を入れ、混ぜてこね、ダンゴ状の生地を作る。

 生地ダンゴを8等分ぐらいに分け、それぞれ手でこねて丸く平たく整形する。

 分けた生地をアルミホイルに並べて、上からさらにアルミホイルを被せておく(直火を当てないため)。

 700wぐらいに設定したトースターに入れてスイッチオン!5分ぐらい。焦げないように様子見推奨。

結果

 なかなか美味しく出来た。甘さはひかえめ。サクホロ感もある。

 小麦粉っぽさがかなり減った。まだ多少黒糖のダマが残っているが、このぐらいは愛嬌ということで。

 つなぎに豆乳を入れようかと思っていたが、奇跡的にちょうどいい固さになったので、少量の小麦粉を足すだけで生地は出来た。

今日の甘味製作:クッキーを作りました

クッキーを作ろうと思った

 前回チョコレート牛乳ゼリーを作ることに成功した。我が帝国(どこだよ)の未来は栄光に輝いている。

今日の甘味製作:チョコレート牛乳ゼリー2(成功)

 しかし、冬なのである。ゼリーは冷たい。冬にゼリーはいけない。何か温かいもの、または作って取り置きしておけるようなものは……やはりアレをやるしかないのか……。

 そう、クッキーである。数多くの料理初心者を絶望の淵に沈めるあの料理である。難易度は……高いはず。いやいや我々の帝国の未来のために一度作って見ねばなるまい。レッツトライ!

なんだ簡単じゃないか

 結論から言うと意外と簡単だった。以下参照。

材料

  • バター:20g
  • 黒糖:10g
  • 薄力粉:40g
  • 牛乳:適量

ウェブ情報通りビニールに入れて練ってみたが……

 ウェブでクッキーの作り方を探ると、たいていビニールで生地を練れば簡単ですよ。みたいなことが書いてある。とりあえず従った。ビニールにバターと黒糖を入れてと……。

 ネリネリネリネリ……。

 どうもいまいち制御が効かない。そして混ざらない。さらに薄力粉を加えて練ってみたが、やはり混ざらない。しまいにはビニールに穴が空く始末。これはいけない。

作戦変更

 ココットを取り出し、材料をビニールからココットに移す。この時点で練ったものの味を見てみたら既に旨かった。そしてスプーンで混ぜてみる。

 ゴリゴリゴリゴリ……。
 
 器が小さく、混ざりにくい。というか粉状でつなぎが悪い。牛乳を足して粘度を上げる。

 そしてあることに気づいた。この光景、どこかで見たことがある……これってうどんやピタパン作るのと同じ……?

さらに作戦変更

 それならばと、ボウルを取り出した。材料を移す。牛乳を加えつつ適度な粘度にして手で練っていく。うどんと同じである。ボロボロ崩れる時は牛乳を足し、柔らかくなりすぎたら小麦粉を足す。この練りスキルは習得済みだ。ウハハハ。

 そして手で転がして大きな団子を作り、8等分して小さく分けて小さな団子にしていく。

 最後は指とてのひらで潰して平たくして生地の完成。

オーブントースターで焼く

 そして出来たクッキーの生地をアルミホイルに並べて上にホイルのフタをしてトースターで焼いた。一度煙が出たので一度止めたが、5分ほどでそれっぽく焼けた。煙は染み出した黒糖が焼けたらしかった。
 

完成

 食べてみた。うん……まあまあ。菓子用の小麦粉じゃないし、こんなもんかなぁ。

  • 歯ざわりが固い。さっくりとはいかない。火が強すぎた?
  • 小麦粉っぽい。練りが足りないのか……? 小麦粉の質かもしれない。
  • 甘さひかえめ。市販品に比べると全然甘くない。もう少し甘くてもいいような……。
  • 黒糖がダマで残っている。やはり練りが足りないのか……?

うどんやピタパンと何が違うのか

  • 生地。クッキーの生地は薄力粉。うどんやピタパンは強力粉。
  • 甘い。うどんとかピタパンは塩をいれますからね……。
  • バターが入っている。無くても作れそうだけれど。

料理スキルは応用が効く

 という訳で、今回初めてクッキーを作ってみた。クッキーなんて難易度高ーい。ムリー。とか言っている御人に一言言っておきたい。

 「うどんやピタパンが作れるなら、ほぼ同じです」

 そういう訳で、もしあなたに料理の「練りスキル」があるなら作れる。

今日の甘味製作:チョコレート牛乳ゼリー2(成功)

変更点

 前回固めるのに少々失敗してしまったので、今回は初手から寒天ゼリーパウダーを入れて良く溶かす作戦。レッツトライ。

 前回の記事:

今日の甘味製作:チョコレート牛乳ゼリー(半分失敗)

材料と器具

  • 寒天ゼリーパウダー:1本
  • 板チョコ:半分
  • 濃厚牛乳:400mlほど
  • 黒糖:小さじ2ぐらい
  • 食用重曹(タンサン):少々

器具

  • 片手鍋
  • ココット(Seria:中サイズ)
  • 菜箸

作成

  • 鍋に牛乳を入れ、温める。以下沸騰しないように火加減調整。
  • 寒天ゼリーパウダーを投入。溶けるまで混ぜる。
  • チョコと黒糖を投入。溶けるまで混ぜる。
  • 重曹を少々、パラパラと投入して混ぜる。
  • ココットに注ぎ入れる。
  • 冷めたら完成。

結果

 重曹は反応せず。泡が出なかった。意味がないかもしれない。牛乳が酸性のはずだから、アルカリ性の重曹が反応してシュワシュワになるはず……だったのだけれど?
 
 味は……美味い!

 これは……売ってもいいんじゃ……と思った。
 適度に固く、適度に柔らかく。スプーンがすっと通る。ゼリーといえばゼリーなんだけれど、それよりは柔らかく、ムースに近いというか。ムースってなんなのか定義は知りませんけれど。

 味はしっかりチョコレートで甘く。強いて言えば上に生クリームでも乗って入れば完璧。シナモンとか足してもいいかも。夢がひろがりんぐですね。

 そういう訳でチョコムースな感じのものが完成。オススメ。お試しあれ。

今日の甘味製作:チョコレート牛乳ゼリー(半分失敗)

なぜか甘味を作っている

 なぜ作っているのか。コーヒーのお供としてたまにクッキーなどを買っていたのですが、買いに行くのが面倒。更にプラゴミが出る。加えて添加物バリバリじゃんと気付いた。お金も減る。

 じゃあ、自分で作ればいいじゃんと。レッツDIY精神ですよ先生。

材料

 今回用意したのは以上です。

  • 板チョコ(ガーナミルク):半分
  • 濃厚牛乳:カップ一杯(400ccほど)
  • 黒糖:小さじ2
  • 食用重曹(タンサン):少々
  • 寒天パウダー:1本

道具

  • 片手鍋
  • ココット(seria製。2個)
  • 菜箸

手順

  • 鍋に牛乳を温める。沸騰しないように。
  • チョコと黒糖を投入。混ぜる。
  • 温まったところで重曹をパラパラと投入。泡が出ます。
  • 固めるために寒天パウダーを投入。
  • 温まると膨らむので、火を止めてココットに注ぐ。
  • 冷めて固まるのを待つ。その後、冷蔵庫に入れるかはお好みで。

結果

 重曹はもしかしたらふわふわに?とか期待を込めて入れてみましたが、ふわふわにはならず。上層に固まった板状のものが出来ました。反応はしてるんだけどなぁ。

 上層は固まりましたが、下の方は固まらず。ゆるゆるのプリン状のものが出来ました。

 味は……これが美味しかった。見た目はアレだったけれど。味はバッチリ。

 寒天パウダー投入タイミングが敗因ですかねぇ……今度は先に入れてみよう。

ブログを書くのはMarkdownが早い

ブログを書くにはMarkdownを使う方法がある

 ブログを書くにはいくつかの方法があります。WordPressの場合は次のような感じです。

  • ブロックエディター
  • ビジュアルエディター
  • テキストでHTMLソースを書く
  • Markdownを使う

 今回は4つめのMarkdownを使うという話です。
 

簡単なMarkdownの紹介

 知らない方向けに説明。Markdownというのは
「ああ、HTMLのタグを書くのが面倒!」
 ……という思想に基づいて生まれた簡易タグ言語です。詳しい経緯は知りませんが、だいたい合っていると思います。

 例えば見出し2を作るなら、タグだと

<h2>見出し</h2>

と書くのですが、Markdownの場合は

## 見出し

 と書きます。簡単ですね。行頭にシャープ記号を2つで見出し2です。同じように行頭に記号を入れることによってリストなどが「少ない労力」で作れます。

 以上簡単な説明終わり。

WordPressでMarkdownを使う方法

 WordPressでMarkdownを使う方法はプラグインです。

 探すとプラグインはいくつかありますが、JetPackを入れている場合、オプションでオンにするのが簡単で良いと思います。

ブロックエディターとMarkdownの比較

 さて。ブロックエディター。WordPressが5.0から導入した画期的らしいグーテンベルグがどういう言っているアレ。残念ながら自分にとても不評です。

 良いところもあるんですよ?スマホで書く場合。スマホなので、半角全角の切り替えが面倒です。なので記号の後に半角スペースを入れるのがとても面倒くさい。

 だがしかし。キーボード標準装備のパソコンの場合は半角スペースを入れるのは簡単です。特にMacの日本語キーボードの場合、英数かなのキーを押せばすぐに切り替わるので早いです。
 Windowsの場合も設定でそういうキー配置に出来るようですが、最近Windowsを使っていないので、詳しくはWebで(なんか宣伝みたい)。

 表にすると

Markdown ブロックエディター
スマホ 書きにくい 使いやすい
パソコン 書きやすい 重い、面倒

 という感じです。が、スマホでブロックエディターが有利なのは日本語変換の問題なので、今後変わる可能性があります。

ブロックエディターの欠点

 ブロックエディターにはいくつか欠点があります。

  • 重い
  • ソースがでかい(タグが増えてますから)
  • ブロック作成、削除が手間

 まとめると、「重くて手間が増えている」。

 そして根本的な問題。自分にはブロックエディターの利点が分かりません。重くても有用なら将来性はあります。が、見当たりません。なんで作ったんでしょうコレ?Webで調べても全然分かりません。調べ方が悪いんでしょうか?

 もしかしたらリッチなメディアを使う場合には便利なのかもしれませんが、そんな凝ったことすることがどれぐらいあります?無いですよね?

 思うにブロックエディターは開発者の自己満足なのだと思います。気持ちはわかります。きっと「もっとオブジェクト指向に!」とか、「今までにない新しさを!」とか思ったのでしょう。しかし、目的が無かったのだと思います。

早く書くならMarkdownがオススメ

 ブログの基本は文章です。素早く内容のある文章を書く。これ以上に大事なことがあるでしょうか?なので、簡単に書けて簡単に消せる。それが必要なことです。

 Markdownを使えばタグも簡単に消したり書いたり出来ます。H2をH3に変更するのも一文字追加するだけです。