Androidで物書き用に使ってるアプリ。2019年10月版。

QuickEdit

 最初に見つけたテキストエディタ。多分本来はプログラム用。タブあり。言語のシンタックスにより色分けが出来る。

Google Play で手に入れよう

 フリー版もありますが、広告がうるさいので有料版推奨。

良いところ

  • シンプル。軽い。
  • アプリ内ではなく、ストレージ内のファイルを読み書きをするタイプ。ただのテキストファイルなので、他に持っていくことが可能。
  • 文字数カウント。物書きには便利ですね。
  • ファイルの種類により自動で色分けが可能。
  • テーマの切り替えが可能。ダークテーマが暗い場所でも見やすい。

ここが惜しい

  • アウトライン機能が無い。なので長い文章には向かないかも。検索使えばジャンプは出来ますけれど。
  • 文章の一部を選択した時は文字数カウントが使えない。なので、選択部分の文字数は分からない。

ハルナアウトライン

 アウトラインソフト。その名の通り、文章をアウトラインを構成する時に使います。長い文章を小分けして書けます。

  フリー版もあります。高度な機能が必要無いならそっちで。

Google Play で手に入れよう

良いところ

  • 操作しやすい
  • インポート、エクスポートが充実。
  • 外部エディタで編集可能

ここが惜しい

  • 文字数カウントが無い。

 姉妹アプリにハルナマインドと言うマインドマップアプリもあって、自分も購入してみましたが、自分の使い方だと特にいらないようです。

あとがき

 両方とも完璧では無いので、補完し合って使うのが良いのかもしれません。

 最後は工夫ですね。


前置き

Atomとは、Github(あまり用が無いのでよく知らない)が出しているプログラムエディタ。コンパイル言語からWeb用など、様々な言語に対応。

まあ、それは置いておいて。

導入の仕方、インストールとかパッケージとかはここには書きません。Webにいっぱい情報があるはずなので。書くのは自分が物書き用にどうカスタマイズしたか。

>>続きを読む



前置き

ポメラを買って……ええ?早1ヶ月?いったい自分は今まで何を……(カクヨムのコンテスト用に短編小説書いてました)。こちら

なお、この小説は途中までポメラで書いて、途中からMacのAtomで書きました。プログラム用のエディタです。その話はまたこんど。

と言う訳で、DM100二度目購入1ヶ月インプレッション。

>>続きを読む

何でまた?

 久々にポメラを中古で買った。DM100。旧型のポメラである。ちなみに今は2019年の8月。新機種DM200が発売されてもう数年経つ。

 用途は物語を書くためである。世間では小説と言うらしいが、別に何かの説を説こうとしている訳ではなく、単に面白げな物語が書きたい。

 実はDM100を買うのは二度目である。

>>続きを読む

Zenfone使ってるんですが

 さて。

 最近はiPhoneでは無く、アンドロイドのZenfone4 Maxを使っています。

 自分の使い方としては、メール、チャット、ブラウザ、簡単なゲーム、Twitter、テキスト書きぐらいの用途なので、これで十分ですね。

 そして、前に自転車キャンプをやった時の教訓で、とにかくバッテリー重視ということで、Zonfone4 Max(ZC520KL)になってます。去年(2018年)買ったやつで、そのバッテリー容量は4100mAh。多分普通のiPhoneの倍ぐらい。 >>続きを読む


2018年1月くらいに新猫娘と聞いて描いたもの。


ついついTwitter投稿しちゃう絵。だって楽なんだもの。という訳で2018年6月くらいに描いたものをまとめました。こんどからマメにこっちに投稿したい(希望)。

ラムちゃん

>>続きを読む



blenderでボーンウェイトを調整する時にウェイトペイントを使います。が、数値の指定が面倒。
そんな時はこれ。標準AddonのPaint Palettes〜!

セットアップ

User Preferences > Addon でPaint Palettesを検索。
チェックボックスチェックしたら、Save User Preferencesでセーブ。

使い方

ウェイト編集モード(ctrl + Tab)に入るとWeight Paletteの項目が増えてます。

ボタンが並んでいて、それを押すと切りのいい値にWeightの値を設定してくれます。うーん簡単。

さらに塗るのすら面倒な時は!
ウェイト指定するショートカット、Shift+K!
一括で数値指定してくれます。便利便利。

Paint Pallettesはウェイトの他にもVertex PaintとTexture Paint用のメニューもあるようです。

なお、blenderのバージョンは2.79ぐらい。



blenderでモデリングしている時に、メッシュの片側だけ選択したい時があります。X軸の半分だけとか。

そういう時はこれ。なお、blenderのバージョンは2.78c。

  • 境目のVertexを一つ選択。
  • Select Menu > Side of Active

左下のツールオプションで軸の変更と、どっち側を選ぶか選択できます。