image-wave

kumapom's page

Pixen Mac用ドットエディタ

スクリーンショットPixen

Mac用のドットツールは少ない

WindowsだとEdgeとかGaleとかあるんですがMac用のドットエディタって無い。過去に何本かシェアウエアであって買ってたような気がするんですが、何だったやら…(覚えてない

Pixen!

そこでGoogle先生に聞いてみたところ、見つけたのがこれ。Pixen!みんな大好きMITライセンス!
なんとレイヤーが使える。いや今どき普通か。いやしかし、これが次のアニメーションになると普通じゃなくなるのですな。

アニメーション

piyo
アニメーションが作れるんですね。しかもレイヤーを保持したまま。これかなり理想的。某アドビのソフトとかレイヤーがコマになっちゃってますからね。そうじゃないそうじゃないんだ。レイヤー構造を保ちつつ新しいフレームが欲しいんだ。

上の画像の例で言うと、本体とトサカを別レイヤーにしてそれぞれアニメーションさせてます。

ちなみにアニメーションのファイルは普通の画像とは別なので、後からアニメーションにするとレイヤーとかパーになるので注意。Animation > Create Animation From Imageでコンバートなんですが、レイヤーが統合されちゃいます。

File > New Animationで新規に作りましょう。

バグもいくつかありますが

・たまに色が拾えなくなったりする。>謎。そのうち直った。
・他のソフト使って戻ってくるとツールウィンドウが見えなくなってたりする>一度デスクトップをクリック。
しかし、いいんじゃないでしょうか。現状十分使えます。ドット描くならおすすめ。

http://pixenapp.com/

<スポンサーリンク>
[adresp]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA