tusin

レスポンシブデザインについて調べてみるとモバイルファーストと言う考え方に辿り着きます。

http://ascii.jp/elem/000/000/697/697463/index-5.html

要約すると、まずモバイル用に作って、どこでも情報にちゃんとアクセス出来るようにすると言うことだと思います。

制約があるから集中出来るとか、モバイル端末の機能を使うとかは、ちょっととってつけた感があります。まあそういうことでしょう。

Webのアプリ化

ここ数日目次作ったりレスポンシブデザインにしたりしてた訳ですが、これ、良く考えるとWebのモバイルアプリ化なんじゃないかと思った訳です。

今はまだページ然としてますが、これにインターフェースやアニメーション、プログラムを加えると……今あるようなネイティブアプリみたいにになりますよね。

以下妄想。

HTML5号は倒れたままなのか

iPhoneも当初はWebアプリだけを考えていたと言います。

それが現在のネイティブアプリ全盛になった理由としては、起動が遅い、処理が遅い、レスポンスが遅い、などの遅いづくしだったせいだと思います。

HTML5もFacebookが撤退したせいで終わったと言われています。

果たしてWebアプリは終わったのか。いや、そこにしか無い情報のある限り無くならないのではないか。

ちなみに、アップルはネイティブアプリからWebページを表示するだけのアプリは禁止してたはずなので、WebView乗っけてURLだけ書いて〇〇サイトをアプリ化!……とかは出来ない訳です。Androidは良く知らないのですが…。

Webアプリのネットワークとか

iPhoneでウチのページから「マメニュ」を立ち上げて貰うと分かると思うんですが、シームレスに他のページがアプリとして起動します。あ、更新は突っ込まないで。

モバイルwebの概念がページからページへ移動では無くて、アプリの移動と言う感じになります。使い方が変わる気がします。

マメニュとか素朴なテクノロジーを使ってるのであまりアプリらしくありませんが、現在の技術を使えばもっとアプリらしくすることも出来ます。

これを押し進めるとどういう感じになるのか。

ちょっとまだ想像出来ませんが、夢が無限に広がる大宇宙……というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA