StatusMenu_sc1
メニューバーの右側に常駐するアプリあるじゃないですか。

あれでタイマーが欲しいなと思っていた訳ですよ。それでしばらく情報を集めつつ、ちまちま作っていた訳ですが……出来ました!


  • Status Timer
    ステータスバーに常駐し、通知センターで教えてくれるタイマーアプリ。1分〜6時間まで対応。


    StatusMenu_set

    しかし、MacAppStoreで配布するにはアップル様にMacOSDeveloperとして登録して、今のiOSデベロッパーの年間1万円にさらに年間1万円を上納しないと出せない訳で……高いなー……また今度考えよう。

    そういう訳でこの辺に野良アプリとして置いときます。FREEです。

    ちなみにOSX10.9 Marvericksだと知らないアプリだから実行出来ませんとか言われると思いますが、MacAppStoreとMacDeveloperに登録していないとそう言われるようです。たぶん右クリックから実行するとかで実行出来たと思います。

    アプリは問題無いです。MacOSXのセキュリティ設定のせいです。アップルの囲い込みが激しいと思う今日この頃。

    以下興味のある人用、技術者向け読み物。

    メニューバーに常駐するアプリの作り方

    かいつまんで要点をまとめると次のような感じです。

    ・ドックに表示しないようにする
    ・起動時にウィンドウを表示しないようにする
    ・ステータスメニューアイテムを作って、クリックでメニューを表示するようにする

    ◯ ドックに表示しないように。
    TARGET>Info>Custom OSX Application Target PropatiesにApplication is Agentを追加。YES。

    ◯ ウィンドウを起動時に表示しないように。
    WindowのプロパティのVisible at launchをオフにする。

    StatusTimer_w_visible

    ◯ ステータスバー用のメニューをxibで作成。

    これを.mファイルにStatusMenuプロパティとして設定します。Ctrl+ドラッグですね。

    @interface stAppDelegate ()
      @property (weak) IBOutlet NSMenu *StatusMenu;
    @end
    

    ちなみにiOSだと@implementationにアウトレットが接続出来る訳ですが、Macだと出来ない模様。やると勝手に@prppertyが作成されてローカル変数の方はアンダーバー付きのものになります。

    個人的にこの方式は好きじゃないので、ローカル変数の方を削除。@propertyだけ残します。

    あと話が飛びますが、iOSで未だに@propertyを@synthesizeしてるのを良く見ます。@propertyは@synthesizeしなくともselfをつければアクセス出来ます。syhthesizeする方式は古いです。撲滅しましょう@synthesize。

    ◯ 本体(?)作成。ステータスバーに常駐するやつですね。ステータスアイテムと言うのが正式なのでしょうか?まあ仕組みが分かると本体では無いと言うことが分かりますがとりあえず。クリックした時にメニューが出るようにします。

    @implementation stAppDelegate{
        NSStatusItem *stItem;
    }
    
    - (void)applicationDidFinishLaunching:(NSNotification *)aNotification{
    
      //ステータスバーのインスタンスを取得
      NSStatusBar *systemStatusBar = [NSStatusBar systemStatusBar];
    
      //ステータスアイテムを作成
      stItem = [systemStatusBar statusItemWithLength:NSVariableStatusItemLength];
      [stItem setHighlightMode:YES];//ハイライトする
    //  [stItem setTitle:@"StatTimer"]; //文字を設定する場合
      [stItem setImage:[NSImage imageNamed:@"Icon16.png"]];//画像アイコンを設定する場合
    
      //クリックした時にself.StatusMenuが表示されるようにする
      [stItem setMenu:self.StatusMenu];
    
    }
    

    ・あとはSettingとかQuitとかのメニュー項目をアクションやらOutletとして繋いだりして実装して行く訳です。この辺はiOSとほぼ同じです。

    参考リンク:
    http://cocoatutorial.grapewave.com/2010/01/creating-a-status-bar-application/

    http://genjiapp.com/blog/2013/01/04/how-to-develop-a-status-bar-app-for-os-x.html

    https://developer.apple.com/library/mac/documentation/cocoa/reference/applicationkit/classes/nsstatusitem_class/Reference/Reference.html

    Macで通知センターを使う方法

    NSUserNotificationCenterというものを使います。これが通知センターらしいです。これにNSUserNotificationオブジェクトを渡すと通知してくれる仕組みみたいです。

    まず起動時にヘッダーにNSUserNotificationCenterDelegate宣言して、applicationDidFinishLaunchingでデリゲート。

    [[NSUserNotificationCenter defaultUserNotificationCenter]setDelegate:self];
    

    次にローカル変数を宣言。なんでローカル変数にしてるかと言うと、キャンセルすることがあるからです。

    @implementation stAppDelegate{
        NSUserNotification *scheduleNotif;
    }
    

    以下のカスタムメソッドで実行します。

    //ノーティフィケーションをスケジュール
    -(void)setScheduleNotification:(int)min{
        
        scheduleNotif = [[NSUserNotification alloc]init];
        int scheduleTime = min * 60;
        scheduleNotif.deliveryDate = [NSDate dateWithTimeIntervalSinceNow:scheduleTime];
        scheduleNotif.title = [NSString stringWithFormat:NSLocalizedString(@"TimePassed", nil),min];
        scheduleNotif.informativeText = @"Status Timer";
        scheduleNotif.soundName = NSUserNotificationDefaultSoundName;
        
        [[NSUserNotificationCenter defaultUserNotificationCenter]scheduleNotification:scheduleNotif];
    
    }
    

    ちなみに、最後のscheduleNotification:をdeliverNotification:に変えるといくらdeliveryDateを設定しようともすぐさま実行されます(はまりどころ)。

    キャンセルする時はこう。アップル的にはリムーブらしいですね。

      [[NSUserNotificationCenter defaultUserNotificationCenter]removeScheduledNotification:scheduleNotif];
    

    おまけ

    なお、タイマーの分数を保存してる訳ですが、何でやってるのかと言うと、NSUserDefaultsです。そう、iOSにあるアレです。同じです。iOSで覚えたことは結構Macでも活かせます。ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA