image-wave

kumapom's page

リングのGW

リングのGW
これはゴールデンウィークにきまぐれにTwitterに投稿したものに加筆したものです。(‘-‘)

– – – – – – – – – – – – – – – – –

四角いリングに滲む二つの影。大歓声が響く……。
マネージャー雪子「やめて!GWはもうっ!これ以上っ!」
GW「……大丈夫……まだ……いける……」
ふらつきながら前へ踏み出すGW。睨みつける日曜日。
日曜日の右パンチが放たれる。
次号「打ち砕くもの」お楽しみに。

その瞬間、全てはスローモーションになった。
日曜日の右ストレートがGWの左頬にめりこみ鈍い音を立て、GWの左フックが日曜日の顎を下から強打し、マネージャーの竜巻旋風脚が全てを薙ぎ払った。
「プキャクッ」
薄れゆく意識の中、テンカウントが聞こえ、右手を上げるマネージャーが見えた。

GWは特訓を続けていた。まだだ、まだ俺は終わっちゃいねぇ。
サンドバッグにパンチを打ち込み続ける。
マネージャー雪子「次の対戦相手が決まったわ……マンデーよ」
数々のボクサー(お休み)をリングに沈めた無敵のヤツが来る。
GW「……マンデー・モーニング!」

GWは戦った。まるで山と格闘しているようだった。
マンデー・モーニングはあまりに強く強大だったのだ。
(終わらない!俺はこんなところで終わらない……!)
GWの心の中の叫びが拳に魂を込もり、マンデーの懐に重い一発がぶちこまれた。
マンデーが一瞬ぐらりと崩れた。

だがそこまでだった。次の瞬間、マンデーの右フックがGWの左頬にクリーンヒットし、GWを体ごと吹き飛ばした。宙を舞うGW。そしてマットに静かに落ちた。
「ワン、ツー……!」
レフェリーのカウントがどこかから聞こえる。
見上げるとマンデーの巨体が逆光の黒いシルエットになって見えた。

マネージャーの雪子がジムの扉を開けるとそこには何も無くガランとした空間が広がっていただけだった。机の上にGWのメモが残してあった。
「行ってしまったのね」
そう言うと雪子は窓の外を見つめた。
GWは旅に出たのだ。次の栄光の時(来年)を目指すために。
頑張れGW。負けるなGW。

<スポンサーリンク>
[adresp]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA