blender_grease

最近blender良く使ってるんですが、3Dのモデリングって面倒ですよね。なんせ3Dだから次元が1個増えてる。立方体的なものならまだ簡単なんですが、斜め向いてる面とか平らにするのも面倒だったり。

一般的にキャラをモデリングする時は3面図をまず描いて、それを下敷きにモデリングするようです。ただ、この3面図がもう面倒くさい。と言うか3Dソフトは3Dソフト内だけで作業を完結させたい。

で、これですよ奥さん。Grease Pencil。

これが何かと言うと、画面内に落書き出来るもの。これね、レンダリング出来ないし、何に使うものかいまいちわからなかったんですよ。一時期これでアニメーション出来るようになったとか宣伝してたりして。アニメーション作成ツールなのかな?とか思ったんですが、使ってみるとどうもそうじゃない。

しばらく使って分かりました。これアタリ用です。アニメーション出来るのも、これはアニメーションのアタリを描くためです。一部の人がこれでアニメ作れるよーってなことを言っちゃってるので大概の人は勘違いしている気がするんですが、アタリ用です。もしかしたら未来的にはアニメツールになるのかもしれませんが、今のところアタリ用です。そういう風に開発されていると思います。

基本的使い方

  • 描画:Dキーを押しっぱなしの間、描くことが出来る
  • Dキーを押しっぱなしの間、右クリックで消すことが出来る。

邪魔になったらカラー(レイヤー?)ごと消しましょう。パレットのマイナスボタンを押すだけです。

色を変えることも出来ます。カラーで色を変えると既に描画されてるストロークの色が変わります。

ここが便利

ビューまたはサーフェス(ポリゴン表面)に描ける。

  • なんかシルエット的に違うなーと思ったら、ビュー(または3Dカーソル位置)にアタリを描いてモデルを修正。
  • 新たに加工しようと思った時はサーフェス上に落書き。それを元にモデリング。

そういう訳で、絵を描く人には大変便利な機能なんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA