image-wave

kumapom's page

[blender]化物語っぽい背景を

化物語見てて背景3Dだなー。blenderでどんな感じに出来るかなーとやってみました。

やっていることは、

  • モデルにセルシェード
  • FreeStyleで線を描画。無くてもいいんですが、モデルがそんなに作り込んで無いので間をもたせるために。FreeStyleにはカリグラフィーとカメラからの距離のモディファイアを使ってます。
  • 遠景と近景を別々のレンダーレイヤーでレンダリング。遠景に線を入れたくなかったので。
  • ノードエディターのコンポジットで遠景と近景を合成。さらにグラデーションを合成。最後にグレアを少々。

テクスチャは今のところ無しです。

[blender]よく使ってるショートカット


かなりblenderにも慣れたので「よく使ってるショートカット」などを。バージョンは2.78ぐらい。
なお、過去記事にMaya風に操作変えるChips書いてましたが、作者は右クリック選択に慣れてしまった模様(笑

一般

  • 削除:x
  • 立方体を作成:shift + a → Mesh → Cube
  • 3Dカーソルを原点に移動:shift + s → Cursor to Center
  • モデリングモード切替:Tab
  • 複数オブジェクトを一つにする:オブジェクトをshift押しながら複数選択→ ctrl + j。最後に選択したオブジェクトに統合されます。
  • 現在の位置で座標を再設定:オブジェクト選択してctrl + a → Location。同様に回転なども。
  • 拡大縮小:s。軸を固定したい場合、続けてxyz軸を入力。例)sx。
  • 現在の視点にカメラを移動:ctrl + alt + テンキーの0

モデリング

  • ポリゴン細分化:ポリゴン選択 → ctrl + w → Subdivide
  • エッジをリング選択:エッジを一つ選んでalt + ctrl + 選択クリック
  • エッジをループ選択:エッジを一つ選んでalt + 選択クリック
  • エッジスライド:エッジ選択してgg
  • ポリゴン複製:ポリゴンを選択してshift + d。同一オブジェクト内。その場に複製されるのですぐに移動した方がいい。他のオブジェクトにするには下の切り離しを使う。
  • 他のオブジェクトに切り離し:ポリゴン選択した状態でp → Selection
  • ポリゴン表面にエッジを作成:2点以上ポイント選んでj
  • エッジを消す:x → Dissolve Edges
  • ポリゴンを張る:3点以上のポイントを選択してf
  • インセット:ポリゴン選択してi
  • ナイフツール:k
  • 全選択/選択解除:a
  • 選択範囲を広げる:ctrl + テンキーの+
  • 選択範囲を縮小:ctrl + テンキーの-
  • 接続している範囲を選択:ctrl + l
  • 矩形選択:b

こんな感じでしょうか?気付いたら随時更新します。それではー。

[blender] カーブモデリング

blender_curve_model

ポリゴンちまちまやるのがどうにかならないものかと調べたら、カーブモデリングがblenderにあった。

使い方

まず3つのカーブを用意する。ベジェでもNubusでも良い。今回はベジェにしてみました。

  • 元になるカーブ
  • 断面のカーブ
  • テーパー用のカーブ

そして元のカーブのプロパティのGeometryに断面とテーパーを指定。Bevel Objectに断面カーブを。Taperオブジェクトにテーパー用のカーブを指定。すると、あら綺麗なカーブのオブジェクトが!詳しくは画像を参照。

色々可能性を感じますね。

ちなみにベジェでハンドルを別々に動かすにはVキーを押してVector。

[blender] Grease Pencilがアタリに便利

blender_grease

最近blender良く使ってるんですが、3Dのモデリングって面倒ですよね。なんせ3Dだから次元が1個増えてる。立方体的なものならまだ簡単なんですが、斜め向いてる面とか平らにするのも面倒だったり。

一般的にキャラをモデリングする時は3面図をまず描いて、それを下敷きにモデリングするようです。ただ、この3面図がもう面倒くさい。と言うか3Dソフトは3Dソフト内だけで作業を完結させたい。

で、これですよ奥さん。Grease Pencil。

これが何かと言うと、画面内に落書き出来るもの。これね、レンダリング出来ないし、何に使うものかいまいちわからなかったんですよ。一時期これでアニメーション出来るようになったとか宣伝してたりして。アニメーション作成ツールなのかな?とか思ったんですが、使ってみるとどうもそうじゃない。

しばらく使って分かりました。これアタリ用です。アニメーション出来るのも、これはアニメーションのアタリを描くためです。一部の人がこれでアニメ作れるよーってなことを言っちゃってるので大概の人は勘違いしている気がするんですが、アタリ用です。もしかしたら未来的にはアニメツールになるのかもしれませんが、今のところアタリ用です。そういう風に開発されていると思います。

基本的使い方

  • 描画:Dキーを押しっぱなしの間、描くことが出来る
  • Dキーを押しっぱなしの間、右クリックで消すことが出来る。

邪魔になったらカラー(レイヤー?)ごと消しましょう。パレットのマイナスボタンを押すだけです。

色を変えることも出来ます。カラーで色を変えると既に描画されてるストロークの色が変わります。

ここが便利

ビューまたはサーフェス(ポリゴン表面)に描ける。

  • なんかシルエット的に違うなーと思ったら、ビュー(または3Dカーソル位置)にアタリを描いてモデルを修正。
  • 新たに加工しようと思った時はサーフェス上に落書き。それを元にモデリング。

そういう訳で、絵を描く人には大変便利な機能なんじゃないかと思います。

[Clip Studio Paint] ペンサイズが戻っちゃう?

pen_size0

ツールを切り替えるたびにペンサイズが戻る……

他のツールから特定のペンに戻るたびにサイズがリセットと言うか、固定されてると言うか、毎回同じサイズになって困っていたりしませんか?私は困りました。

おかしい…いったい何が……調べると、フォーラムでに初期化起動とかすると直ると言うQ&Aを見つけたりしたんですが、面……おや?

pen_size1

様子のおかしいペンに何やらマークがあるのを発見……何?
そして「ツールプロパティ」にも似たようなマークが……も・し・や?

ツールヒントになにやら書いてあります。
「サブツールをロックし、変更を保存しないようにします」

ほう……ポチっとな。

pen_size2

と言う訳で、直りました!

ペンサイズが毎回戻っちゃう時は「サブツールのロック」をチェックだ!