Androidで物書き用に使ってるアプリ。2019年10月版。

QuickEdit

 最初に見つけたテキストエディタ。多分本来はプログラム用。タブあり。言語のシンタックスにより色分けが出来る。

Google Play で手に入れよう

 フリー版もありますが、広告がうるさいので有料版推奨。

良いところ

  • シンプル。軽い。
  • アプリ内ではなく、ストレージ内のファイルを読み書きをするタイプ。ただのテキストファイルなので、他に持っていくことが可能。
  • 文字数カウント。物書きには便利ですね。
  • ファイルの種類により自動で色分けが可能。
  • テーマの切り替えが可能。ダークテーマが暗い場所でも見やすい。

ここが惜しい

  • アウトライン機能が無い。なので長い文章には向かないかも。検索使えばジャンプは出来ますけれど。
  • 文章の一部を選択した時は文字数カウントが使えない。なので、選択部分の文字数は分からない。

ハルナアウトライン

 アウトラインソフト。その名の通り、文章をアウトラインを構成する時に使います。長い文章を小分けして書けます。

  フリー版もあります。高度な機能が必要無いならそっちで。

Google Play で手に入れよう

良いところ

  • 操作しやすい
  • インポート、エクスポートが充実。
  • 外部エディタで編集可能

ここが惜しい

  • 文字数カウントが無い。

 姉妹アプリにハルナマインドと言うマインドマップアプリもあって、自分も購入してみましたが、自分の使い方だと特にいらないようです。

あとがき

 両方とも完璧では無いので、補完し合って使うのが良いのかもしれません。

 最後は工夫ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA