カテゴリー: ブログ記事

ポメラdm100の付箋文は変更できる

ポメラの付箋文機能

 ポメラdm100の機能に付箋文と言うのがあります。

 F1キーで付箋文插入、F5で付箋文へジャンプ、Shift+F5で逆向きジャンプ。

 まさしく付箋の役割で、重要な部分、またはしおりがわりに挟んでおくものだと思います。

 付箋文は「★付箋文★」と言う文字列が插入され、そこに飛ぶようになっています。特にこれで問題は無いのですが……。

付箋文を変更する

 実はこの「★付箋文★」と言う文字列は変更出来たのです。あらびっくり。

 やり方は簡単です。メニュー検索/插入から付箋文を開き、そこに好きな文字列を入れておくだけです。

 自分の場合は「■」を見出しに使うことが多いのでそれにしています。そうするとF1キーで付箋文を插入せずとも、普段通り書いたものが、そのまま付箋文になるのです。

 以上、ボメラdm100の付箋文の変更方法でした。

[Android]Writer Plusのフォント変更

Writer Plusのフォント設定

Androidの物書きツール「Writer Plus」を前に紹介したことがありました。

Androidのテキストエディタの弱点と補完

フォントが明朝体なのが惜しいと書いていたのだが、ある時、設定があることに気付いたのです。ナンテコッタ。

なお、バージョンは1.48。

手順

1テキストを開いておく。ここ重要。

2右上のメニーから「様式」を選ぶ。

3好きなフォントを選ぶ

ゴシック体っぽい「Roboto Regular」と言うフォントを選びました。

なお、上の大小の「A」のマークはサイズ変更のボタンです。

で、Writer Plusは良い?

という訳で、フォントは何とかなったので、使いやすくはなりました。短い文章なら良いツールだと思います。

でも、最近は長文ばかりなので、アウトラインが見えないとイマイチ書きづらいんですよね。工夫次第かなぁ……。

今日の甘味製作:チョコレート牛乳ゼリー2(成功)

変更点

 前回固めるのに少々失敗してしまったので、今回は初手から寒天ゼリーパウダーを入れて良く溶かす作戦。レッツトライ。

 前回の記事:

今日の甘味製作:チョコレート牛乳ゼリー(半分失敗)

材料と器具

  • 寒天ゼリーパウダー:1本
  • 板チョコ:半分
  • 濃厚牛乳:400mlほど
  • 黒糖:小さじ2ぐらい
  • 食用重曹(タンサン):少々

器具

  • 片手鍋
  • ココット(Seria:中サイズ)
  • 菜箸

作成

  • 鍋に牛乳を入れ、温める。以下沸騰しないように火加減調整。
  • 寒天ゼリーパウダーを投入。溶けるまで混ぜる。
  • チョコと黒糖を投入。溶けるまで混ぜる。
  • 重曹を少々、パラパラと投入して混ぜる。
  • ココットに注ぎ入れる。
  • 冷めたら完成。

結果

 重曹は反応せず。泡が出なかった。意味がないかもしれない。牛乳が酸性のはずだから、アルカリ性の重曹が反応してシュワシュワになるはず……だったのだけれど?
 
 味は……美味い!

 これは……売ってもいいんじゃ……と思った。
 適度に固く、適度に柔らかく。スプーンがすっと通る。ゼリーといえばゼリーなんだけれど、それよりは柔らかく、ムースに近いというか。ムースってなんなのか定義は知りませんけれど。

 味はしっかりチョコレートで甘く。強いて言えば上に生クリームでも乗って入れば完璧。シナモンとか足してもいいかも。夢がひろがりんぐですね。

 そういう訳でチョコムースな感じのものが完成。オススメ。お試しあれ。

Androidのテキストエディタの弱点と補完

 ある日のこと。スマホでテキストエディタエディタをいくつか触っていて、どのUIに満足いかなかったため、

 ……とか呟きました。

 その時試していたのは、QuickEdit、小説ノート、Writer Plus、アルファポリス公式。

 各エディタの不満点と、それに補う対策を考えました。

各エディタの弱点

QuickEdit

 1番愛用しているかもしれないエディタ。タブとファイラが付いている。

 使っているのですが、保存はほとんどしません。自動でどこかに保存しているので、メモ代わりに使っています。理由は後で述べます。

 タブがあるのは良いです。素早く切り替えられますからね。テキストカウントはメニューからです。ここは惜しい。

 しかしファイラは問題あります。

 例えばテキスト書いて、新規保存しようとして、丁度いいフォルダが無かった場合。新規フォルダを作れ……ません。何故?

 しょうがないので、ドロワーからファイラを開いてフォルダを作ります。

 また、ファイラは前に開いたフォルダの場所を覚えていなく、毎回必ずルートに戻ってしまい、目的のファイルを探すのに手間がかかります。

小説ノート

 アプリ内で完結するタイプ。ストレージにはアクセスせず、アプリ内部にテキストデータを保存します。

 このアプリはかなり使いやすいのですが、タブが有りません。なので、別のテキストをエディットするには、一度テキストを抜ける必要があります。

 テキストを抜けてしまうと、そのファイルのカーソルの位置を忘れてしまうので、開くたび、作業位置までスクロールする必要性が生じます。ここが面倒。

 あと、エディタの行間が狭く、少々書きづらいのもマイナス点。

Writer Plus

 日本語で書けますけど、サポート言語には入っていないようです。シンプルで使いやすいアプリです。

 テキストはアプリ専用のフォルダを作って保存するタイプです。マークダウンもサポートしています。

 タブがありません。カーソル位置は大まかに保存しているように見えます。詳しくは使い込まないと分からないのですが、その点は良いと思います。

 あと、文字数カウントが付いているのですが、スクロールすると見えなくなります。ここが惜しい。

 フォントの問題もあります。自分は基本的にゴシックで書くのですが、明朝体です。多分システム標準のフォントかと。

アルファポリス公式アプリ

 小説投稿サイト「アルファポリス」の公式アプリ。これが意外なことに使いやすいです。

 問題点はカーソル位置を保存しないこと。これが面倒で……。あと2回タップしないとエディット出来ません。

 この中では1番好みのエディタではあります。

さて、どうすればいいか?

 選択肢がいくつかあります。

  • アプリの改善を待つ
  • 自分で作る
  • 他のアプリを探す
  • 他のやり方を考える

改善を待つ

 改善を待つなら、要望を出せば、もしかしたら機能が付くかもしれません。しかし付かないかもしれません。

自分で作る

 ……出来なくは無いと思うのですが、膨大な時間がかかると思います。

 テキストエディタって意外と難易度高いんですよ。フリーのライブラリ探すにしても時間かかるし。

 あとウチのマシンがAndroid Studio立ち上げると悲鳴を上げます。

他のアプリを探す

 運が良ければ出会えるでしょう。

他のやり方を考える

 最後に残るのはこれです。どんな時も力技よりも工夫が大事です。頭を使えですね。

そうだ、ファイラを使おう

 こういう時は問題を分けて考えると簡単になります。必要な機能は次のようなものです。

  • テキスト一覧
  • タブ。またはスクロール位置の保存
  • 文字数カウント(出来れば常時)

 考えました。タブとカウントは、工夫するには自作する以外は無理そうです。

 では、テキスト一覧を表示する方法は?ありました。ファイラを使えばいいんです。

 Androidにはいくつかファイラがあります。自分が持っているのは2つ。Asusの「ファイルマネージャー」と、Google純正の「Files」。

 どちらも「ストレージ」からたどればフォルダをそのまま閲覧出来ます。

Asus ファイルマネージャー
Files

 こう言ったファイラを使ってファイル一覧を見て、そこからテキストエディタで開けば良いかなと。これなら一覧問題は解決します。フォルダも作り放題です。

 しかし、これで開けるアプリは、現状だと、QuickEditとWriterPlusのみ。うーん。微妙に機能が足りない。多少は使いやすくなりそうですけど。

 まあ、パソコン使えば全部が解決しますけどね(爆

セリアのコーヒー缶はキューブ形が良い

 物書きのお供はコーヒーです。コーヒーはよく飲みます。インスタントだと、どうしても物足りないので、粉コーヒーをドリップして淹れています。

 さて、コーヒーを淹れる度、粉コーヒーのパッケージの口をクリップ2個で挟んでいたのですが、これがとても面倒。

 「一手でも手間を省け」の哲学を持つ自分としては、これは何とかしないといけないと思い、コーヒー缶を買いに行くことにしました。

 缶ならパカッと開けて、またフタ閉じれば良いですからね。

 しかしコーヒー缶ごときにお金をかけたくはないので、目的地は百均のみ。近所にあったのはセリアとダイソー。そして、セリアで良さげな缶を見つけました。

 しかし、円筒形とキューブ形の2つがありました。はて、どっちがいいのやら。好みとしては円筒形なのだけれど……。

 よく見てみると、円筒形の方には「Tea」の文字が。そうか、君は紅茶用なのだな。と納得。

 別にTeaと書いていても良いのだけれど、コーヒー淹れる度にずっとTeaの文字を見るのもやだなと思ったので、キューブ形の方を買いました。110円也。

 しかし、買ってきてコーヒー粉を入れてみて、計量スプーンを入れてみて気付きました。なるほど。キューブ形にはこんな意味が。

 コーヒー用の計量スプーンが入るんです。かなりぴったり。斜めに。もしかしたらスプーンによっては入らないかもしれませんが、自分のはピッタリでした。これは便利。

 と言う訳で、セリアのコーヒー缶で悩んだら、キューブ形が正解かもしれません。

豆パンロールがなかなか旨かった

 さて。物語の研究を進んでいるものの、まだ出せる段階に無いので、日記的なものを書いてみる。

 とは言っても、食って寝て書いてみたいな生活なので特に書くことは無く。菓子パンの話でも書こうかと。物書きする時はコーヒーにオヤツがあると良いのです。

豆パンロール

 右側にチラリと写っているのが「豆パンロール」。シライシパン。岩手の会社。よく知らない。これがなかなか旨かった。

 甘納豆をまぶした生地でパンを作ってあり、中にマーガリンが入っている。甘納豆の甘さとマーガリンのコクがなかなか合う。お値段は120円ぐらい。スーパーで売ってます。

 ちなみに兄弟製品として「豆パン」がある。こちらは100円ぐらい。マーガリンが20円なのかもしれない。形は豆パンロールと違ってアンパンみたいな丸形。マーガリンなんかいらねえと言う方はこっちが良さそう。

スペシャルイギリストースト(チョコスプレー&ホイップ)

 上の写真の左の方にチラと写っているヤツ。工藤パン。青森の会社。

 食パンにマーガリンと砂糖を挟んだ、ジャリジャリとした食感のイギリストーストが有名なパン会社ですが、自分はあまり好みではなく。ジャリジャリがちょっとね。

 これはそれの一つでスペシャルと名前に付いている。スペシャルと書かれているからには経験値を増やす意味でも一度食わねばならない。

 と言うわけで買ってみた一品。これがなかなか美味しかった。

 食パンにホイップクリームが挟まっていて、上にチョコチップスプレーをパラパラと振りかけたタイプ。砂糖は無い。ジャリジャリしない。しっとり食感。美味しかったです。

 と言うわけで最、近食った菓子パンの話をお届けしました。またー。

MacのSafariでタブ一覧が並ぶのって何?

 ウチのMac、未だにOSX10.12.5なので、その辺のSafariのお話です。

 「へん、うちのはBig Surだぜ」って方は関係ない話だと思います(多分)ので以下スルーで。

 さて。

 Safariブラウザ。Macの標準ブラウザですね。

 たまに使っているのですが、前から気になっていたことがありました。

 トラックパッドを使って二本指でスクロールをしていると、いつの間にかタブの一覧が、サムネイルでブァアアアアァァっと……出てくることがあるんですね。怖いですね(怖くない)。

こういうやつ

 これがいったい何なのか、呼び名すら良く分からず。……便利なのかどうかも良く分からず。アップルさん、何これ?

 とても謎だったのですが、「もういい加減、止め方を探そう!」と思い立ち、このたび、私《わたくし》、止め方を発見いたしました。

実はジェスチャーで縮小していた

 実はこれ、二本指でスクロールしているつもりで、拡大縮小の「縮小のジェスチャー」をしていたのでした。

 ピンチインと言うやつ。二本指で閉じる動作ですね。つまむと言うか。

止める方法は?

 Safariの環境設定には、それらしい設定は見当たりませんでした。ではどこにあるのか。

 システム環境設定のトラックパッド、スクロールとズームにあったのです。ここの「拡大縮小」をオフにすれば解決!やったー!

 しかし、OSの機能として拡大縮小出来なくなりますので、オフにするかどうかは良く考えましょう。たまにあるじゃないですか。拡大したいことが。

 以上、うぉおおお何だよコレ。と思っていた方用。参考まで。

時間ログをつけてみた

 多趣味なので色々やりたいことがあるのですが、時間的になかなか難しい。

 モバイルもいいですけど、使えるのは電車内、カフェ、公園のベンチ、駅の待ち合い室など。たいがいは「座って落ち着ける場所」が必要になります。いや、別に「寝ながら」でもいいですけどね。

 道端で「立って」やることも出来ますが、せいぜい十分ぐらい。そんな長時間は出来ない。なので、モバイルに大幅な改善を求めるのは無理がありそう。

 じゃあどうするか。とりあえず時間ログをつけて何に時間を使っているか確認しよう。そう思いました。無駄にWebブラウジングとかやってそうだったので。

 とりあえずアプリを探しました。キーワードは「時間ログ」「時間簿」など。

 手帳にメモしたり、パソコンで記録でもいいんですけど、なるべくなら常に持っているスマホでやりたいなと。

 自分の用途、「何にどれぐらい時間を使っているか確認」に使えるものを探してみたところ、あるアプリが見つかりました。

続きを読む

ダンボール5個で引っ越した話

引越したいなと思った

 さて。ちょっと前に関東(西側)から関東(北東)に引っ越したのですが。その時に悩んだのが、引っ越しの料金。荷物を運ぶってやつですね。

 移動距離は100キロちょい。結構ありますね。ここを荷物を運ぶのにはいくつか選択肢がありました。

  • 引っ越し業者に頼む。普通。- レンタカーを借りる。四輪の腕(2トンまで)と荷物の量次第では可能。- 宅急便で荷物を送る。荷物が物凄く少ない場合のみ可能。

 悩んだ。普通の引っ越し業者はどうやら荷物の量よりも、運ぶ距離数によって値段がかかるらしく。今回は100キロちょいなので結構ある。なので、荷物が少なくとも、距離があるとお金がかかってしまうのでした。

引っ越し業者の場合

 引っ越し業者の場合、荷物が軽トラに乗るならば、自分の知っている範囲だと一番安いのは『赤帽』。けっこう引っ越しする人なので、何度も引っ越しの見積もりをしたことがありますが、やはり安いです。まあ、一家四人とかになっちゃうと、量的に無理なんですけどね。

 この赤帽のWeb見積もりをしてみたところ、なんと2万円ぐらいかかる。安いかどうかは、それぞれの感覚によると思いますが、自分的にはこの荷物と距離で2万円?と言うのが正直なところでした。やはり距離が効いている。

レンタカーの場合

 レンタカーを使う場合。基本的に行って戻って来たくは無いので、乗り捨てられるのを希望。しかし、この『乗り捨て料金』が地味に高い。

 ウェブで調べたところ、料金はどうやらトヨタレンタカーが安いらしいと言うことが分かった。アプリとウェブで見積もりをしようとしてみたが、何となく面倒だったので、近所の店まで行って聞いてきた。

「このクラスで、ここからここまでの乗り捨てになりますと……」

 軽バンで約2万円だった。そう、赤帽の引っ越しと変わらない。自分で運転する手間がかかるけど、値段が変わらない。これは……面白いけど大変だ。うん、しばらく乗ってないし、ちょっと……。ゴールドですけれども!

宅急便を使う場合

 さて3番目。最後の手。荷物が少ない人のみが使える、選ばれし人のみが使える、究極の引っ越しの手段、宅急便。もはや引っ越しとは言えず、普通に『荷物を送る』に過ぎない。ちなみに人は電車です。

 とりあえずヤマトで調べた。

 さすが宅急便。距離ほとんど関係ない。安い。一箱千円から二千円程度。昔はもう少し安かった気がするのですが、上がったんですかね。あまりよく使わないので相場の変動には疎くて。

 もし、5箱程度に荷物が収まるならば、1万円程度で引っ越しが出来ることになる。

 ちなみに、宅急便でも『小さな引っ越し』という単身向けのプランがあるのですけど、これは2万以上する。……なんか一律ですね。

さてどれを使ったか?

 3番。当然ですね。

 まあ、最終的にダンボール5箱に収まりましたが、そこまでの減らす苦労と言ったら……。ちょうど壊れかけたベッドを捨て、ン十年使った磨り減った洗濯機を捨て、包丁を捨て、その他諸々削りに削り……。

 自分は普段から『荷物を持たない』を信条に生きてるので何とかなりましたけど、一般的な手段で無いことは、ダンボールに荷物を詰めてみれば分かると思います。

最後に残った物とは?

 さて。荷物を減らしに減らしていくと、最後には何が残ったでしょうか。では発表〜。

  • 衣類
  • 寝具(キャンプ道具含む)
  • 料理道具、食器
  • 書類(契約書など)
  • 趣味のもの(パソコン、スマホ関連)、記念品

 こうです。これだけあれば人間は生きていけます。

 家具はどうしたって?今手元にあるのはキャンプ用の折りたたみテーブルのみ。大丈夫。飯も食えるし、パソコンも打てる。

 この中で一番箱が大きかったのが『衣類』ですね。結構減らしてるつもりでしたけれども、やはり多かった。

 お分かりでしょうが、古くから言われる『衣食住』と『趣味のもの』、あと自分的には大切ではないのだけれど、社会的に大切な『書類』。この辺です。人間に必要なものは。書類なんかは自分の都合じゃないので、社会が変われば減りそうですけどね。

 という感じで『ダンボール5個で引っ越した』と言うお話でした。

とろりんガリガリ君を確保せよ2014春

何でも書いてみるテスト。

garigari_2014427_1

最近ナポリタン味やら、コーンポタージュ以来どこまで行くのかと思われたガリガリ君ですが、なんとなくまともそうな味が出ました。

イレブンとの共同開発「ミルクたっぷりとろりんシュー味」。

買う買ういいつつようやく近所のイレブンで手に入れました。側に「ナポ……」とか言う文字が書かれたナニカのパッケージも見えましたが全力で回避。ふぅ、危ない危ない。149円也。

開封。

甘ぇ……。簡単に言うと練乳。ちょっと小難しく言うとスキムミルク。成分で言うと砂糖とミルク。そういった類のものシュー味のガワの中にとろりんと中に入っておりました。

んー、まずくはないんだが……普通の多少リッチなアイス。自分がガリガリ君に求めるのは新奇性と美味しさの両立。だが新しく無い気がするっ。

リッチチョコとかコーンポタージュやら結構リピートしてた気がするんですが……おしい。

以上「ミルクたっぷりとろりんシュー味」リポートでした。

Webのアプリ化を考える

tusin

レスポンシブデザインについて調べてみるとモバイルファーストと言う考え方に辿り着きます。

http://ascii.jp/elem/000/000/697/697463/index-5.html

要約すると、まずモバイル用に作って、どこでも情報にちゃんとアクセス出来るようにすると言うことだと思います。

制約があるから集中出来るとか、モバイル端末の機能を使うとかは、ちょっととってつけた感があります。まあそういうことでしょう。

Webのアプリ化

ここ数日目次作ったりレスポンシブデザインにしたりしてた訳ですが、これ、良く考えるとWebのモバイルアプリ化なんじゃないかと思った訳です。

今はまだページ然としてますが、これにインターフェースやアニメーション、プログラムを加えると……今あるようなネイティブアプリみたいにになりますよね。

以下妄想。

HTML5号は倒れたままなのか

iPhoneも当初はWebアプリだけを考えていたと言います。

それが現在のネイティブアプリ全盛になった理由としては、起動が遅い、処理が遅い、レスポンスが遅い、などの遅いづくしだったせいだと思います。

HTML5もFacebookが撤退したせいで終わったと言われています。

果たしてWebアプリは終わったのか。いや、そこにしか無い情報のある限り無くならないのではないか。

ちなみに、アップルはネイティブアプリからWebページを表示するだけのアプリは禁止してたはずなので、WebView乗っけてURLだけ書いて〇〇サイトをアプリ化!……とかは出来ない訳です。Androidは良く知らないのですが…。

Webアプリのネットワークとか

iPhoneでウチのページから「マメニュ」を立ち上げて貰うと分かると思うんですが、シームレスに他のページがアプリとして起動します。あ、更新は突っ込まないで。

モバイルwebの概念がページからページへ移動では無くて、アプリの移動と言う感じになります。使い方が変わる気がします。

マメニュとか素朴なテクノロジーを使ってるのであまりアプリらしくありませんが、現在の技術を使えばもっとアプリらしくすることも出来ます。

これを押し進めるとどういう感じになるのか。

ちょっとまだ想像出来ませんが、夢が無限に広がる大宇宙……というお話でした。

[ラクガキ] さくらミクまん?

初代PSO レイキャシール子

近頃ネットにUPされる奇怪な画像……さくらミクまん?

え……いや……これは……(と、2秒程検討した結果)、いいや、アレはドリームキャスト初代PSO(ファンタシースターオンライン)のこの子、レイキャシール子であるという結論に達しました。

ちなみにキャス子はこちら。

祝!誕生レイキャシールまん!

異論は認める。

描いてて思ったんだけど、この子、「暦おにいちゃん」って言わせても違和感ない。