カテゴリー: イラスト制作

Clip Studio Paintのタイムラプス機能

 Clip Studio Paint、略称クリスタ。言わずと知れた有名お絵かきソフトです。自分はかたくなに「クリペ」と呼んでいますが。

 さて、このクリペ。バージョン1.10.5でタイムラプスが付きました。

 ウチのはマンガ用のEXなので、他のバージョンはよく知らないのですが、開発ソースは共通みたいなので、多分全部出来るんじゃないかと思います。

続きを読む

[Clip Studio Paint] ペンサイズが戻っちゃう?

pen_size0

ツールを切り替えるたびにペンサイズが戻る……

他のツールから特定のペンに戻るたびにサイズがリセットと言うか、固定されてると言うか、毎回同じサイズになって困っていたりしませんか?私は困りました。

おかしい…いったい何が……調べると、フォーラムでに初期化起動とかすると直ると言うQ&Aを見つけたりしたんですが、面……おや?

pen_size1

様子のおかしいペンに何やらマークがあるのを発見……何?
そして「ツールプロパティ」にも似たようなマークが……も・し・や?

ツールヒントになにやら書いてあります。
「サブツールをロックし、変更を保存しないようにします」

ほう……ポチっとな。

pen_size2

と言う訳で、直りました!

ペンサイズが毎回戻っちゃう時は「サブツールのロック」をチェックだ!

Clip Studio Paintでトーンを貼る

ケロ

クリペでトーンを貼る方法。
カエル装備描いててやり方確認したのでまとめときます。ケロケロ。
分かってる範囲で。

後からレイヤーマスクで調整出来ますが、最初に選択範囲を作って置くのが良いと思います。

続きを読む

Clip Studio Paintでフチ取りをする方法

Clip Studio Paintでフチ取りした例
製作中に覚えたのでメモ。クリスタでフチ取りをする方法。
使用したのはClip Studio Paintのバージョンは1.2.0 Mac版。

(その後…)書き文字にフォントと同じく、レイヤープロパティで出来るじゃーん。と、後から気付く。改訂。
まあ、普通だとレイヤープロパティ使う方ですかね。

レイヤープロパティを使う方法

  • フォントレイヤー、または書き文字を書いたレイヤーを選択。
  • レイヤープロパティの一番左に丸いアイコンがあります。
    Clip Studio Paint フチ取りオプション
    これがフチ取り効果。クリックで選択。

  • すぐ下の「フチの太さ」パラメーターで太さ自由自在。

ビットマップ加工しちゃう方法

この方法はビットマップ加工なので、あとから調整出来ません。

  • フォントレイヤーをラスタライズ。または新規レイヤーに書き文字を書く。
  • レイヤーパレットでCommand+クリック(macの場合)で文字を選択。
  • ツールバーで色を選択。この色でフチ取られます。
  • メニュー>編集>選択範囲をフチ取り。
  • 外側に描画、1mm、丸く。みたいなパラメーターでOKを押す。

[イラスト] TwitterヘッダーBG用イラスト制作2

果たして、あの絵はその後どうなったかと言うと…こんな感じに…

20121217000 おや、妙に線がきれいだ。もしや…とか思ったあなたは鋭い。イラレです。じゃーん。
 なんでイラレかと言うとですね、最近の書き方がパーツを重ねて絵を作る方式になっていたのですよ。
 だったらもしかしてイラレの方がいいんんじゃないの?切り絵みたいなもんだし。とか思ってしまったら止まらない。いつの間にかイラレで何かが…こんなとこまで出来てる!みたいな。
 ま、もしかしたらこんなんじゃ味気ねぇ。やはりビットマップだぜという結末になるやもしれずならぬやもしれず。(以下次号)

[イラスト] TwitterヘッダーBG用イラスト制作1

20121214002
SaiでTwitterのヘッダー背景画像用に何かを描き始めてみる。

それは何?


Twitterのプロフィールページにヘッダーという部分が新設されまして、その背景をカスタマイズ出来るようになったみたいです。
・場所は、右上の歯車アイコン>プロフィール>ヘッダー
・サイズは1252×626
画像を設定すると、アカウントを見た時に背景部分に表示されます。画像だと、黒くなってる部分ですね。
たまに対応しているiPhone用のクライアントでも表示出来たりします。Tweetbotとか。

では作成開始

1252×626の倍解像度だから…(計算機)…2504×1252の画像を用意して描き始める。なぜ倍で描くのかと言うと、縮小したときにきれいに縮小されるからですね。最近確認してないけれど、昔検証したときはそうでした。
もしかしたら、最近のPhotoshopとかだとそういうのあまり関係無いのかもしれませんが。

しかしなぜこの数値なのか。8の倍数に慣れたゲーム系の人としてはどうにも違和感が。

さて、なんとなくSFっぽいものを目指してあまり下描きをしないで描き始めましたが、どうなるやら。