カテゴリー: 物語の作り方

松岡圭祐「小説家になって億を稼ごう」を読んだ

「小説家になって億を稼ごう」というタイトルの本だが

 うん、タイトルはどうか思った。が、アマゾンやWebでレビューを見たら、ご本人の書き方が書かれていて、そこに興味があったので読んでみた。Twitterでも一時期話題になっていたらしい。よく知らないが。

 アマゾンのKindle版で792円でした。

 自分は小説はほぼ読まない方なので、残念ながら作家本人も書いた本も知らない。そこはあしからず。

1章が小説の書き方

 本がいくつかの章に分かれている場合、本題はだいたい後ろの方になる。この本も例に漏れず後半の小説家になってからの契約とか、編集者との付き合い方とか、お金の話がメインだった。

 確かに役に立つとは思うが、今回はそこではなく、前半の書き方に興味があった。と言うのも自分の書き方と似ているなと思ったからだ。

 似ていると思ったのは、想像というか映像が先という部分。まず映像を思い浮かべ、それを文章に落とす。自分もそういう風にやる。他の人はよく知らないが、字面を追いかけている人が多いのではないかと思っている。

 自分は想像した物語が先で、小説はそれを文字としてアウトプットしたものに過ぎないと思っている。

「想造」という方法

 筆者の想像から入る手法は徹底していて、物語の終わりまで完全に想像できるまでは一筆も書いてはいけないと言っている。筆者はそれを「想造する」段階と言っている。

 その精度は分からないが、全てのシーンを事細かに想像して、それを覚えているとしたら凄いと思う。
 どこまで克明に想像しているかは書いていないので分からないが、普通の人はそんな記憶容量は無いはずなので、断片を記憶するのがせいぜいだと思う。
 多分そこまで事細かではなく、キーになる部分を覚えていると思うのだが書かれていないので分からない。

 最初にメインのキャラクターを7人、サブキャラを5人、作るそうだ。

 作る方法としては、写真を集める方法をとっている。考えたキャラクターに合う人物の写真をネットとかで集め、それをプリントアウトして貼っておくのだという。舞台になる背景写真もいくつか集めて貼っておくそうだ。

 もっとも後半に書いあるが、慣れれば写真はいらないらしい。

 そして「想造」する。キャラクター達が絡んで色々起きるのを観察するそうだ。その感覚は自分も分かる。キャラが勝手に動いて困る方なので。

 自分の場合、ほぼ考えるときはアニメ的なキャラが思い浮かんでいるので、やるとしたら絵を描いてしまうと思う。アニメで言うところのイメージボードか。手間ではあるが、確かにイメージは固まりやすい。でも手間なのでラクガキぐらいに留まると思う。描きこむ必要は無いだろうし。自分が分かれば良いし。

 十分に想造したら構成を作り始める。各話を1行で要約したものを全体の量作る。出来たらようやく執筆に入る。

そのまま鵜呑みには出来ないが、大いに参考になった

 どれぐらいの期間「想造」するのかは書かれていなかったと思う。出来るまでだったかもしれない。まずそれが分からない。

 7人メインキャラを集めると言うが、主人公はいいとして、他のキャラクターがどんなタイプなのかは書かれていない。そこも分からない。
 もしかしたらアーキタイプなのかもしれないし、単に「興味深い人物」なのかもしれない。やはり分からない。自分だったら後者だろうと思う。

 あとは組み合わせか。本でも書いてあるが、面白くならないのはキャスティングが間違っていると言う。これはとても正しいと思う。

 という訳で、とても参考になった。確かに書くよりも想像の中で色々やったほうが早い。それは分かる。書くのは手間なのだから。

小説におけるデザイン?

 ちょっと気付いたので書いておく。言葉的に合っていないような気もするので、意図を汲んで貰えると嬉しい。

デザインとは特徴をつけること

 さて。デザインと言うと日本では「格好良い」と言う意味で捉えられている。しかし、ここで言うのはそう言う意味では無く、「特徴がある」と言う意味で使う。

 例えば初代iPod。あれはホイールがスピーカーを元にデザインされていた。それによって音楽を聴く機器である。と言うのをデザインしていた訳だ。

 同じように小説でも特徴を持たせることは、分かりやすくする上で重要である。

 しかし、小説は作者の頭の中ではビジュアルがあったとしても、表現は「言葉」である。ここが違う。

キーワードを持たせる

 ではどうやるか。特徴的な「言葉」を場所やキャラ、物に持たせるのである。

 例えば街の通りがあったとしよう。普通に書いたら次のような感じだろうか。

 「そこは駅前の大通りだった。人々が山のように行き交っている」

 これでも何ら悪くは見えない。しかし、印象が薄い。

 ここで想像力を働かせる。通りには何か目立つものは見えないか?匂いはしないか?といったことである。そうすると次のようになる。

 「そこは駅前の大通りだった。人々が山のように行き交っている。通りにはパン屋「ヴォンテール」があり、店先のポップに「新製品!カニのクリームパン」と書いてあった。少し先には学校の時計塔が見えている」

 分かるだろうか。もしかしたらこれは単に描写を細かくしただけかもしれない。しかしここにはキーワードを入れてあるのが分かるだろう。

  • パン屋「ヴォンテール」
  • 新製品!カニのクリームパン
  • 学校の時計塔

 この3つである。これは特徴であり、つまりデザインである。

 これがあることによって、印象がとても強まり、想像もしやすくなる。これが自分の言うところの小説におけるデザインである。

全てにデザインを

 タイトルも同様の事が言える。「海辺にて」とか凡庸なタイトルをつけてはいけない。そこにあるランドマーク的なものの名前を付けたほうが良いと思う。例えば「海浜マリンタワーの下で」とかの方が分かりやすい。

 これは美的な響きも関係するので、どう言う名前にするかは少し考えなければいけないが。

 特徴は三題噺のごとく、3つ付けることをオススメする。多すぎると訳がわからなくなるし、少ないとまた印象が薄くなる。

ドラマ「孤独のグルメ」Season1の雰囲気

 Youtubeのテレビ東京公式のチャンネルで、ドラマ「孤独のグルメ」を配信していることがある。おすすめに時々出てくるのでたまに見る。

 ふと見たのがSeason1の第7話。吉祥寺のスパゲティナポリタンの回。どうやら放送は2012年らしい。五郎が店選びに迷いに迷った末、道端の「ランチ&食事とお酒」のお店に入る回だ。

 見ていて思ったのが今(2021年)とは全然雰囲気が違うと言うこと。

 どう違うと言うかというと、まず主人公の井之頭五郎が怪しい。どう怪しいかとまずオドオドしている。今ある自信というか明るさというかそういう物がない。

 歩く時も、注文する時ももの凄く申し訳なさそうにしている。一歩下がっている。物陰から様子を伺うような感じだ。今とは人格が違う。もしかしたら作者の久住さんに近いのかもしれない。

 注文する時も今とは違ってポーズでは無く本気でメニューと戦っている。特にこの吉祥寺回は。レストランに入って冷や汗を垂らしながらメニューと本気で格闘する人間はそうそういない。いたらどう見ても怪しい。

 この回は周りの登場人物も怪しい。メニューを見ている五郎を横からじっと見つめる隣席の客や、外の様子をじっと伺っているウェイトレス。見られている感がある。

 この全体的に漂っている怪しさで、何か異世界に迷い込んだような雰囲気がある。もしかしたら本当に吉祥寺は怪しい世界なのかもしれないと思ってしまう。

 さて。これを見て思ったのは、雰囲気の大事さ。

 映像作品に限らず、小説とかマンガでもそうだが、受け手側はまずその物語の雰囲気を受け取る。それから内容を理解する。そういう段階がある気がする。そして見ている最中も、まず先に雰囲気を味わっている気がする。

 料理で言えば味だろうか。材料と調味料と調理方法の組み合わせで出来るその料理独特の味。

 細かいドラマ部分というのは意外と覚えていないものだ。後から見直すと、ああこういうシーンもあったなと思い出しはするが、空では言えないはずだ。

 覚えているのは雰囲気と主人公が何をやったかである。この回で言えば、怪しげな雰囲気と、主人公の井の頭五郎がナポリタンを食った。以上である。これ以上は分析しようとでも思わなければそうそう思い出さないはずだ。

 物語は構成とか辻褄ももちろん大事なのだけれど、料理で言うところの味、つまり雰囲気が一番大事なのではないだろうか?

Android用小説ツール『小説ノート』

 Androidには数多くの小説を書くアプリがあります。普通のテキストエディタから、アウトラインツール、そして縦書きを特徴とするものもあります。

 その中で「小説ノート」と言うアプリがあります。特徴的には、書いたものを縦書きで読むことが出来るアプリです。

 しかし、このツールの価値はそこではなく、「書きやすい」のが最大の利点です。では、なぜ書きやすいか。いくつか理由があります。

  • 文字数がリアルタイムで表示される
  • ページ数が表示される
  • 縦書きモードで気持ちを切り替えて見ることができる。

文字数が常に表示される

 文字数が、書いている最中でも『常にリアルタイム』で表示されます。後からカウント出来るエディタは数多くありますが、リアルタイムで表示できるアプリは結構少ないです。

 では、なぜ常に表示されていると書きやすいか。その理由は、どの辺まで書いたのかが、『見れば一瞬で分かる』からです。

ページ数が表示される

 縦書きプレビューしたとき、下部に全ページ数と、今いるページ番号が表示されます。

 これがなぜ書きやすさに繋がるかというと、これもどの辺を書いているかの目安にしやすいからです。

 例えば3000文字の話を書く場合、自分の機種だと、ページ数にすると20ページぐらいになります。

 そうすると、この辺で導入部を終えないと……とか、そろそろ締めないと……とか言うのが分かります。文字数を数えないで『見るだけ』で感覚的に分かるのがとても便利。

縦書きモードで気分を切り替えられる

 作者の意図的には、紙の小説の見た目にするという、雰囲気を重視したものだと思います。

 しかし、自分にとっては気分と視点を変えて見れることが大きいです。

 書いている最中はなぜか間違いや余計なものに気がつきません。気分と視点を変えると、なぜか気付くのです。

問題点

 小説ノートは良いソフトなのですが、もちろん問題点もあります。

縦書きモードで空行が入る

 法則性は良く分からないのですが、自分の機種の場合、時々入れた覚えのない空行が入ります。

 機能的には問題にならないので、大きな問題では無いのですが、見た目的には気になります。

広告が出る

 執筆中は広告が出ませんが、一覧画面で下部に広告が表示されます。

 特に邪魔には感じませんが、集中するために、有料板が欲しいところです。

保存が独自形式

 保存がアプリ内に保存する独自形式です。標準テキストだと他でも使えて便利だったのですが、しょうがないのでしょうかね……。

まとめ

 小説ノートは特に高機能と言うわけでもなく、アウトラインがある訳でもなく、見た目のデザインが優れている訳でもなく、ごくごく普通のソフトに見えます。

 しかし、細かい技が効いていて、一番大事な『書きやすさ』が、他に比べて優れています。

Android用物書きソフト2019年10月現在

 Androidで物書き用に使ってるアプリ。2019年10月版。

QuickEdit

 最初に見つけたテキストエディタ。多分本来はプログラム用。タブあり。言語のシンタックスにより色分けが出来る。

Google Play で手に入れよう

 フリー版もありますが、広告がうるさいので有料版推奨。

良いところ

  • シンプル。軽い。
  • アプリ内ではなく、ストレージ内のファイルを読み書きをするタイプ。ただのテキストファイルなので、他に持っていくことが可能。
  • 文字数カウント。物書きには便利ですね。
  • ファイルの種類により自動で色分けが可能。
  • テーマの切り替えが可能。ダークテーマが暗い場所でも見やすい。

ここが惜しい

  • アウトライン機能が無い。なので長い文章には向かないかも。検索使えばジャンプは出来ますけれど。
  • 文章の一部を選択した時は文字数カウントが使えない。なので、選択部分の文字数は分からない。

ハルナアウトライン

 アウトラインソフト。その名の通り、文章をアウトラインを構成する時に使います。長い文章を小分けして書けます。

  フリー版もあります。高度な機能が必要無いならそっちで。

Google Play で手に入れよう

良いところ

  • 操作しやすい
  • インポート、エクスポートが充実。
  • 外部エディタで編集可能

ここが惜しい

  • 文字数カウントが無い。

 姉妹アプリにハルナマインドと言うマインドマップアプリもあって、自分も購入してみましたが、自分の使い方だと特にいらないようです。

あとがき

 両方とも完璧では無いので、補完し合って使うのが良いのかもしれません。

 最後は工夫ですね。

Atomを物書き用にカスタマイズ

前置き

Atomとは、Github(あまり用が無いのでよく知らない)が出しているプログラムエディタ。コンパイル言語からWeb用など、様々な言語に対応。

まあ、それは置いておいて。

導入の仕方、インストールとかパッケージとかはここには書きません。Webにいっぱい情報があるはずなので。書くのは自分が物書き用にどうカスタマイズしたか。

続きを読む

[iPhone] Index Card for iPhone

Index Card for iPhone

これは何のソフトか

使ってる創作系ソフトの紹介をしてみる。

iPhone用…なんて言うんだろうか。アウトライン作成ソフト?

物語の大枠から内容を決めてく、箱組とかトップダウンとかいう方式があるんですが、それ用のソフト。片手で電車の中でもあらすじを考えることが出来るのです。

詳しくは書けないというか、書かないと言うか、これで書くんじゃありませんっ!って言うか書いちゃダメ。それは他のソフトで。

まあ、テキストエディタでコピペでも同様のことは出来るので、それでもいいんですが。
コピペじゃなく、ドラッグドロップでシーンの入れ替えが出来るので、外で操作する時とか、それだけでもかなり簡単になって嬉しい。

Scrivenerと連携

iPad用のIndex Cardもあって、ScrivenerというMac用の執筆ソフトとDropbox経由で連携出来ます。前はiPad用を使っていたのですが、iPadを手放してしまったので、現在はこのiPhone用を使ってます。利便性で言ったら、カバンからiPad出すよりポケットからiPhoneを出す方がいいと思います。

iPad用で作ったファイルも問題無く読めたので、互換性は大丈夫のようです。

連携の仕方ですが、時間のある時にでも書いてみようかと思います。
とりあえず英語の説明ムービーにリンク貼っときますね。

どこでも構成がしたい!という人はどうぞ!

開発元:www.DenVog.com

Index Card for iPhone - DenVog, LLC