カテゴリー: グラフィックツール

[blender]モデリングでスナップを使う

こういう形状

こういう形状になっているモデルを辺ごとぐっとひっぱって、ぴったりくっつけたいと思ったことはありませんか?私はしょっちゅうあります。

マージと整列(というか拡大縮小でゼロにする)を使うとか、目分量でやっても良いのですが、ぴったりくっつけたい。そういう時にこの方法が役に立ちます。

なお使っているバージョンはblender2.79。

スナップメニュー

まずスナップをオンにします。ビューの下の方にアイコンがあります。

一番左の磁石の形のアイコンがスナップです。そしてスナップの対象を頂点にして「Closest」を選びます。これで一番近い頂点にくっつく……と思ったら大間違い。

スナップは他のオブジェクトを対象に使うものらしく、これだけでは自分の頂点にはスナップしません。

Snap onto itself

そこで「Closest」の右のアイコン。マウスを被せると分かるのですが、これが「Snap onto itself」のボタンです。日本語にすると自分自身にスナップする。

これをオンにして、エッジを掴んでGで移動すると……めでたくこんな感じにくっつきます。

ついでに一番右の「Automaticaly marge …」をオンにしておくと、マージの手間も省けます。

Clip Studio Paintを素早く使うショートカットとカスタマイズ

マンガ

 Clip Studio Paint効率化のお話です。簡単に言うとショートカット。
 早くなるんすよ。描くのが。画面上のボタンをペンでクリックしなくて良いですからね。

 ちなみにウチのClip Studio PaintのバージョンはVer.1.10.12。

ああ便利だなと感じたクリペのショートカット

  • コマンド+shift(WindowsはCtrl+Shift):クリックしたレイヤーを選択。なおDキーでも出来る。どっちでも。
  • コマンド+option(WindowsはCtrl+alt):ドラッグでブラシサイズの変更。覚えるとブラシパレットをクリックする必要がとても減る。超便利。
  • option+D(Windowsはalt+D):レイヤーを複製。冒険する前に。

ツール系ショートカット

 画面のボタンを押すのが面倒なので多用。

  • S ペン
  • B ブラシ
  • E 消しゴム:透明色を使う手もあるけど……そのショートカットを知らない。
  • M 範囲選択
  • W マジックワンド
  • K レイヤー移動
  • Z 虫眼鏡
  • D レイヤー選択

削除すべきと思うショートカット

 使わないツールのショートカットを解除することによって誤動作を防ぐ生活の知恵とか工夫。なお人による。削るのは「ショートカットキーの設定」から。

  • 手のひら(H):使わない。スペースキーでOK。キー大きいし。
  • 飾りブラシ(B):俺は使いません。
  • エアブラシ(B):俺は使いません。
  • ズーム(Z):アンドゥ(コマンドZ)を使っている時にたまに暴発するので。「/(スラッシュ)」も最初から割り当てられているので、そっちでもいいかもしれない。と思ったが、既に手が勝手にZを押してしまうようになっており、時すでにお寿司。

微妙

  • 回転(R):Shift+スペースでも出来るので。どっちか。

 何か気づいたら更新するかも。

クリスタのレイヤーカラーを変更のショートカット

下書きの図

レイヤーカラー変更のショートカット

Macの場合はCommand+B。Windowsは今持ってないので分からないけれど、多分Ctrl+B。

見かけなかったので書いておきます。ショートカットのある無しは多少でも作業の効率化に重要ですからね。

ちなみにレイヤーカラーを変更とは?

Clip Studio Paintでレイヤーの基本カラーをカラーするやつです。レイヤーパレットの右上にある青と白のボタン。黒で書いても青になるやつ。

分かりやすく言うと「下書きモード」。

以上です。

Clip Studio Paintのタイムラプス機能

 Clip Studio Paint、略称クリスタ。言わずと知れた有名お絵かきソフトです。自分はかたくなに「クリペ」と呼んでいますが。

 さて、このクリペ。バージョン1.10.5でタイムラプスが付きました。

 ウチのはマンガ用のEXなので、他のバージョンはよく知らないのですが、開発ソースは共通みたいなので、多分全部出来るんじゃないかと思います。

続きを読む

[Blender] Paint Palettesがウェイトペイントに便利


blenderでボーンウェイトを調整する時にウェイトペイントを使います。が、数値の指定が面倒。
そんな時はこれ。標準AddonのPaint Palettes〜!

セットアップ

User Preferences > Addon でPaint Palettesを検索。
チェックボックスチェックしたら、Save User Preferencesでセーブ。

使い方

ウェイト編集モード(ctrl + Tab)に入るとWeight Paletteの項目が増えてます。

ボタンが並んでいて、それを押すと切りのいい値にWeightの値を設定してくれます。うーん簡単。

さらに塗るのすら面倒な時は!
ウェイト指定するショートカット、Shift+K!
一括で数値指定してくれます。便利便利。

Paint Pallettesはウェイトの他にもVertex PaintとTexture Paint用のメニューもあるようです。

なお、blenderのバージョンは2.79ぐらい。

[Blender] 片側だけ選択する


blenderでモデリングしている時に、メッシュの片側だけ選択したい時があります。X軸の半分だけとか。

そういう時はこれ。なお、blenderのバージョンは2.78c。

  • 境目のVertexを一つ選択。
  • Select Menu > Side of Active

左下のツールオプションで軸の変更と、どっち側を選ぶか選択できます。

[blender]よく使ってるショートカット


かなりblenderにも慣れたので「よく使ってるショートカット」などを。バージョンは2.78ぐらい。
なお、過去記事にMaya風に操作変えるChips書いてましたが、作者は右クリック選択に慣れてしまった模様(笑

一般

  • 削除:x
  • 立方体を作成:shift + a → Mesh → Cube
  • 3Dカーソルを原点に移動:shift + s → Cursor to Center
  • モデリングモード切替:Tab
  • 複数オブジェクトを一つにする:オブジェクトをshift押しながら複数選択→ ctrl + j。最後に選択したオブジェクトに統合されます。
  • 現在の位置で座標を再設定:オブジェクト選択してctrl + a → Location。同様に回転なども。
  • 拡大縮小:s。軸を固定したい場合、続けてxyz軸を入力。例)sx。
  • 現在の視点にカメラを移動:ctrl + alt + テンキーの0

モデリング

  • ポリゴン細分化:ポリゴン選択 → ctrl + w → Subdivide
  • エッジをリング選択:エッジを一つ選んでalt + ctrl + 選択クリック
  • エッジをループ選択:エッジを一つ選んでalt + 選択クリック
  • エッジスライド:エッジ選択してgg
  • ポリゴン複製:ポリゴンを選択してshift + d。同一オブジェクト内。その場に複製されるのですぐに移動した方がいい。他のオブジェクトにするには下の切り離しを使う。
  • 他のオブジェクトに切り離し:ポリゴン選択した状態でp → Selection
  • ポリゴン表面にエッジを作成:2点以上ポイント選んでj
  • エッジを消す:x → Dissolve Edges
  • ポリゴンを張る:3点以上のポイントを選択してf
  • インセット:ポリゴン選択してi
  • ナイフツール:k
  • 全選択/選択解除:a
  • 選択範囲を広げる:ctrl + テンキーの+
  • 選択範囲を縮小:ctrl + テンキーの-
  • 接続している範囲を選択:ctrl + l
  • 矩形選択:b

こんな感じでしょうか?気付いたら随時更新します。それではー。

[blender] カーブモデリング

blender_curve_model

ポリゴンちまちまやるのがどうにかならないものかと調べたら、カーブモデリングがblenderにあった。

使い方

まず3つのカーブを用意する。ベジェでもNubusでも良い。今回はベジェにしてみました。

  • 元になるカーブ
  • 断面のカーブ
  • テーパー用のカーブ

そして元のカーブのプロパティのGeometryに断面とテーパーを指定。Bevel Objectに断面カーブを。Taperオブジェクトにテーパー用のカーブを指定。すると、あら綺麗なカーブのオブジェクトが!詳しくは画像を参照。

色々可能性を感じますね。

ちなみにベジェでハンドルを別々に動かすにはVキーを押してVector。

[blender] Grease Pencilがアタリに便利

blender_grease

最近blender良く使ってるんですが、3Dのモデリングって面倒ですよね。なんせ3Dだから次元が1個増えてる。立方体的なものならまだ簡単なんですが、斜め向いてる面とか平らにするのも面倒だったり。

一般的にキャラをモデリングする時は3面図をまず描いて、それを下敷きにモデリングするようです。ただ、この3面図がもう面倒くさい。と言うか3Dソフトは3Dソフト内だけで作業を完結させたい。

で、これですよ奥さん。Grease Pencil。

これが何かと言うと、画面内に落書き出来るもの。これね、レンダリング出来ないし、何に使うものかいまいちわからなかったんですよ。一時期これでアニメーション出来るようになったとか宣伝してたりして。アニメーション作成ツールなのかな?とか思ったんですが、使ってみるとどうもそうじゃない。

しばらく使って分かりました。これアタリ用です。アニメーション出来るのも、これはアニメーションのアタリを描くためです。一部の人がこれでアニメ作れるよーってなことを言っちゃってるので大概の人は勘違いしている気がするんですが、アタリ用です。もしかしたら未来的にはアニメツールになるのかもしれませんが、今のところアタリ用です。そういう風に開発されていると思います。

基本的使い方

  • 描画:Dキーを押しっぱなしの間、描くことが出来る
  • Dキーを押しっぱなしの間、右クリックで消すことが出来る。

邪魔になったらカラー(レイヤー?)ごと消しましょう。パレットのマイナスボタンを押すだけです。

色を変えることも出来ます。カラーで色を変えると既に描画されてるストロークの色が変わります。

ここが便利

ビューまたはサーフェス(ポリゴン表面)に描ける。

  • なんかシルエット的に違うなーと思ったら、ビュー(または3Dカーソル位置)にアタリを描いてモデルを修正。
  • 新たに加工しようと思った時はサーフェス上に落書き。それを元にモデリング。

そういう訳で、絵を描く人には大変便利な機能なんじゃないかと思います。