カテゴリー: PocketTrain

Pocket Train:デイリーでスペシャルクレートを

Pocket Trainにはデイリーがある

 Pocket Trainには地味ながらデイリーがあります。デイリーが何か分からない方のために簡単に説明すると、毎日発生するイベントです。

 デイリーがなぜあるかと言うと、毎日プレイしてもらうためです。MMORPGから始まった形式だと自分は記憶しています。知っている範囲では「World of Warcraft」が最初ですかね。最近はスマホゲームとかどのゲームにもたいていありますね。

 言ってみればユーザーのプレイを促す「エサ」なので、ユーザーには利益があります。その代わりに時間かかるんですけども。

 Pocket Trainのデイリーをこなすと、スペシャルクレートと20バックスが貰えます。スペシャルクレートとは「特別な車両のパーツ」が入った箱です。開けると何種類かの中から車両パーツが1つだけ出てきます。

 スペシャルクレートはこのデイリーで手に入れるか、駅にたまにあるのを「ゴールドで買う」ことでしか手に入りません。買うと5万ゴールドほどかかりますので、デイリーで手に入れるのが無難だと思います。

デイリーのある場所

 Menuを開いて左側にある「EVENT」と書かれたアイコンがデイリーです。赤で書かれている数字は、あといくつ運ばないといけないかを示した数字です。

デイリーは2種類

 アイコンを押して開くと、英文でどこにイベントがあるのかが書いてあります。地名を探せば良いです。例えば「コルカタ(KOLKATA)」。インドの都市ですね。

 それを確認したら、あとは車両を運ぶだけです。

 運ぶのは2種類あって。「ある駅へ運ぶ」のと、「ある駅から運ぶ」のがあります。方向が逆になっています。

 ちなみにアイコンの数字が50だと目的地から他へ運ぶイベントで、75だと目的地へ運ぶイベントになっています。

効率的に回す方法

 以下多少のネタバレあると思うので、了承する方のみ進んで下さい。

続きを読む

Pocket Trainというゲーム

どういうゲームか?

 Pocket Trainと言うゲームがあります。列車を走らせて、路線を築いて行くというゲームです。Tiny Towerと同じNimbleBitと言うアメリカの会社の作品。

 アップデートがあまり無いのを見ると、あまり人気は無いゲームなのかもしれません。面白いかと言われれば、刺激的な面白さは無いが、育てる面白さがあると言えます。

 今使っているスマホ、Moto g proを買ってから「また」やり始めたので、現在1年ほどプレイしています。シンプルなせいか、特に飽きるということもありません。

 線路の引き方、列車の選び方、編成、稼ぎ方など、どこをどうすれば効率的か?など、考えることはいっぱいあります。そういうことを考えて工夫するのが好きな人は向いていると思います。

 日本語には対応してません。なので、日本人でやろうと思う人は少ないと思います。惜しい。実に惜しい。という訳で記事を書いてみようと思います。

ゲームの目的

 ゲームの目的は何か?「線路を世界中に広げる」ことです。

 ある程度進むと、線路を広げられる場所がなくなるので、目的が「速い列車を手にいれる」に変わりますが、これも地味に面白い。

何をやればいいのか?

 荷物を運んで、お金とBuxを稼ぐ。基本的にはこれだけです。

お金は分かると思いますが、Buxとは何か?ゲーム内で見ると、緑色のお札のような形をしています。アメリカのドルは緑がかっているらしいので、これはお札の類だと思われます。

 しかし、お金がすでに存在しているので、今ひとつ謎です。2つ目の通貨と考えると良いかもしれません。クーポンなのかもしれない。

荷物の運び方

  • 右側にある「荷物リスト」から、なるべく貰える金額の高い、またはBuxの多い荷物を選びます。積める荷物の数は列車の性能によります。いくつ積めるかは下の黒いウィンドウに書いてある「CARS」を見れば分かります。上の画像だと「1/14」とあります。14個まで積めて、すでに1コ積んでいるということです。
  • マップ上で経由する駅を指定します。間違ったら上の「UNDO」ボタンを押すと1コ戻ります。
  • 左下の「DEPART」ボタンを運ぶと出発します。デパートです。日本だと百貨店の意味ですが、「出発する」という意味のようです。
  • 列車が発車します。
  • そのまま見ていると、時々お金やBux、時には列車のパーツが入った箱が飛んできますが、忙しいので、マップ画面に切り替えるのをオススメします。

 切り替えるには右下にある「MAP」ボタンを押します。「×」ボタンを押すとサイドビューに戻ります。

 

 同時に複数の列車を走らせることが出来ます。同じように荷物を積んで発車させます。

 説明したいことはまだまだありますが、長くなりそうなので、とりあえず今回はこの辺で。ちょろっと紹介しようかと思ったけど、意外と書くこと多いぞこのゲーム……。