Androidのテキストエディタの弱点と補完

 ある日のこと。スマホでテキストエディタエディタをいくつか触っていて、どのUIに満足いかなかったため、

 ……とか呟きました。

 その時試していたのは、QuickEdit、小説ノート、Writer Plus、アルファポリス公式。

 各エディタの不満点と、それに補う対策を考えました。

各エディタの弱点

QuickEdit

 1番愛用しているかもしれないエディタ。タブとファイラが付いている。

 使っているのですが、保存はほとんどしません。自動でどこかに保存しているので、メモ代わりに使っています。理由は後で述べます。

 タブがあるのは良いです。素早く切り替えられますからね。テキストカウントはメニューからです。ここは惜しい。

 しかしファイラは問題あります。

 例えばテキスト書いて、新規保存しようとして、丁度いいフォルダが無かった場合。新規フォルダを作れ……ません。何故?

 しょうがないので、ドロワーからファイラを開いてフォルダを作ります。

 また、ファイラは前に開いたフォルダの場所を覚えていなく、毎回必ずルートに戻ってしまい、目的のファイルを探すのに手間がかかります。

小説ノート

 アプリ内で完結するタイプ。ストレージにはアクセスせず、アプリ内部にテキストデータを保存します。

 このアプリはかなり使いやすいのですが、タブが有りません。なので、別のテキストをエディットするには、一度テキストを抜ける必要があります。

 テキストを抜けてしまうと、そのファイルのカーソルの位置を忘れてしまうので、開くたび、作業位置までスクロールする必要性が生じます。ここが面倒。

 あと、エディタの行間が狭く、少々書きづらいのもマイナス点。

Writer Plus

 日本語で書けますけど、サポート言語には入っていないようです。シンプルで使いやすいアプリです。

 テキストはアプリ専用のフォルダを作って保存するタイプです。マークダウンもサポートしています。

 タブがありません。カーソル位置は大まかに保存しているように見えます。詳しくは使い込まないと分からないのですが、その点は良いと思います。

 あと、文字数カウントが付いているのですが、スクロールすると見えなくなります。ここが惜しい。

 フォントの問題もあります。自分は基本的にゴシックで書くのですが、明朝体です。多分システム標準のフォントかと。

アルファポリス公式アプリ

 小説投稿サイト「アルファポリス」の公式アプリ。これが意外なことに使いやすいです。

 問題点はカーソル位置を保存しないこと。これが面倒で……。あと2回タップしないとエディット出来ません。

 この中では1番好みのエディタではあります。

さて、どうすればいいか?

 選択肢がいくつかあります。

  • アプリの改善を待つ
  • 自分で作る
  • 他のアプリを探す
  • 他のやり方を考える

改善を待つ

 改善を待つなら、要望を出せば、もしかしたら機能が付くかもしれません。しかし付かないかもしれません。

自分で作る

 ……出来なくは無いと思うのですが、膨大な時間がかかると思います。

 テキストエディタって意外と難易度高いんですよ。フリーのライブラリ探すにしても時間かかるし。

 あとウチのマシンがAndroid Studio立ち上げると悲鳴を上げます。

他のアプリを探す

 運が良ければ出会えるでしょう。

他のやり方を考える

 最後に残るのはこれです。どんな時も力技よりも工夫が大事です。頭を使えですね。

そうだ、ファイラを使おう

 こういう時は問題を分けて考えると簡単になります。必要な機能は次のようなものです。

  • テキスト一覧
  • タブ。またはスクロール位置の保存
  • 文字数カウント(出来れば常時)

 考えました。タブとカウントは、工夫するには自作する以外は無理そうです。

 では、テキスト一覧を表示する方法は?ありました。ファイラを使えばいいんです。

 Androidにはいくつかファイラがあります。自分が持っているのは2つ。Asusの「ファイルマネージャー」と、Google純正の「Files」。

 どちらも「ストレージ」からたどればフォルダをそのまま閲覧出来ます。

Asus ファイルマネージャー
Files

 こう言ったファイラを使ってファイル一覧を見て、そこからテキストエディタで開けば良いかなと。これなら一覧問題は解決します。フォルダも作り放題です。

 しかし、これで開けるアプリは、現状だと、QuickEditとWriterPlusのみ。うーん。微妙に機能が足りない。多少は使いやすくなりそうですけど。

 まあ、パソコン使えば全部が解決しますけどね(爆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)