ブログを早く書くにはMarkdownが良い

パソコン画面イメージ

ブログを書くにはMarkdownを使う方法がある

ブログを書くにはいくつかの方法があります。WordPressの場合は次のような感じです。

  • ブロックエディター
  • ビジュアルエディター
  • テキストでHTMLソースを書く
  • Markdownを使う

今回は4つめのMarkdownを使うという話です。

簡単なMarkdownの紹介

知らない方向けに説明。Markdownというのは
「ああ、HTMLのタグを書くのが面倒!」
……という思想に基づいて生まれた簡易タグ言語です。詳しい経緯は知りませんが、だいたい合っていると思います。

例えば見出し2を作るなら、タグだと

<h2>見出し</h2>

と書くのですが、Markdownの場合は

## 見出し

と書きます。簡単ですね。行頭にシャープ記号を2つで見出し2です。同じように行頭に記号を入れることによってリストなどが「少ない労力」で作れます。

以上簡単な説明終わり。

WordPressでMarkdownを使う方法

WordPressでMarkdownを使う方法はプラグインです。

探すとプラグインはいくつかありますが、JetPackを入れている場合、オプションでオンにするのが簡単で良いと思います。

ブロックエディターとMarkdownの比較

さて。ブロックエディター。WordPressが5.0から導入した画期的らしいグーテンベルグがどういう言っているアレ。残念ながら自分にとても不評です。

良いところもあるんですよ?スマホで書く場合。スマホなので、半角全角の切り替えが面倒です。なので記号の後に半角スペースを入れるのがとても面倒くさい。

だがしかし。キーボード標準装備のパソコンの場合は半角スペースを入れるのは簡単です。特にMacの日本語キーボードの場合、英数かなのキーを押せばすぐに切り替わるので早いです。
Windowsの場合も設定でそういうキー配置に出来るようですが、最近Windowsを使っていないので、詳しくはWebで(なんか宣伝みたい)。

表にすると

Markdown ブロックエディター
スマホ 書きにくい 使いやすい
パソコン 書きやすい 重い、面倒

という感じです。が、スマホでブロックエディターが有利なのは日本語変換の問題なので、今後変わる可能性があります。

ブロックエディターの欠点

ブロックエディターにはいくつか欠点があります。

  • 重い
  • ソースがでかい(タグが増えてますから)
  • ブロック作成、削除が手間

まとめると、「重くて手間が増えている」。

そして根本的な問題。自分にはブロックエディターの利点が分かりません。重くても有用なら将来性はあります。が、見当たりません。なんで作ったんでしょうコレ?Webで調べても全然分かりません。調べ方が悪いんでしょうか?

もしかしたらリッチなメディアを使う場合には便利なのかもしれませんが、そんな凝ったことすることがどれぐらいあります?無いですよね?

思うにブロックエディターは開発者の自己満足なのだと思います。気持ちはわかります。きっと「もっとオブジェクト指向に!」とか、「今までにない新しさを!」とか思ったのでしょう。しかし、目的が無かったのだと思います。

早く書くならMarkdownがオススメ

ブログの基本は文章です。素早く内容のある文章を書く。これ以上に大事なことがあるでしょうか?なので、簡単に書けて簡単に消せる。それが必要なことです。

Markdownを使えばタグも簡単に消したり書いたり出来ます。H2をH3に変更するのも一文字追加するだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)