[Blender] Paint Palettesがウェイトペイントに便利


blenderでボーンウェイトを調整する時にウェイトペイントを使います。が、数値の指定が面倒。
そんな時はこれ。標準AddonのPaint Palettes〜!

セットアップ

User Preferences > Addon でPaint Palettesを検索。
チェックボックスチェックしたら、Save User Preferencesでセーブ。

使い方

ウェイト編集モード(ctrl + Tab)に入るとWeight Paletteの項目が増えてます。

ボタンが並んでいて、それを押すと切りのいい値にWeightの値を設定してくれます。うーん簡単。

さらに塗るのすら面倒な時は!
ウェイト指定するショートカット、Shift+K!
一括で数値指定してくれます。便利便利。

Paint Pallettesはウェイトの他にもVertex PaintとTexture Paint用のメニューもあるようです。

なお、blenderのバージョンは2.79ぐらい。

[Blender] 片側だけ選択する


blenderでモデリングしている時に、メッシュの片側だけ選択したい時があります。X軸の半分だけとか。

そういう時はこれ。なお、blenderのバージョンは2.78c。

  • 境目のVertexを一つ選択。
  • Select Menu > Side of Active

左下のツールオプションで軸の変更と、どっち側を選ぶか選択できます。

あけおめシューティング2018

あけましておめでとうございます。

え、三が日で「犬が空を飛んでネコのようなものと戦うシューティング」をUnityで作成いたしました。やーやれば出来るね!

URLはこちら
http://image-wave.com/AkeOme2018/

PCブラウザ用です。Firefoxで動作確認しました。以上。Safariはなんかダメね。対応してるはずなんだけど、おかしいなぁ……。

操作はPCゲーにありがちなキーボードWASD移動と、マウス左クリックファイアです。まあ普通かな?

これでだいたいUnityにおけるシューティングの基本が分かったので、色々作れると思います。

なお、制作ツールは

  • プログラム:Unity
  • グラフィック:Pixen、Blender
  • 音楽:LMMS

All 制作 by kumapomでお送りしております。

あ、地味にバージョンアップもするかもしれません。たまに見てみると吉かも。

ではまたー。

blenderで少女終末旅行

アニメの少女終末旅行の5話のエンディングが大変良かったです。どっかで見て下さい。「雨だれの歌」とか言うやつです(うろ覚え)。この作品、音楽関係が良いですね。

そして、ちょっとした野望と丸っこいキャラの練習を兼ねて、blenderであれこれモデリング&レンダリングしたのでとりあえずまとめ。

チト

続きを読む