松岡圭祐「小説家になって億を稼ごう」を読んだ

「小説家になって億を稼ごう」というタイトルの本だが

 うん、タイトルはどうか思った。が、アマゾンやWebでレビューを見たら、ご本人の書き方が書かれていて、そこに興味があったので読んでみた。Twitterでも一時期話題になっていたらしい。よく知らないが。

 アマゾンのKindle版で792円でした。

 自分は小説はほぼ読まない方なので、残念ながら作家本人も書いた本も知らない。そこはあしからず。

1章が小説の書き方

 本がいくつかの章に分かれている場合、本題はだいたい後ろの方になる。この本も例に漏れず後半の小説家になってからの契約とか、編集者との付き合い方とか、お金の話がメインだった。

 確かに役に立つとは思うが、今回はそこではなく、前半の書き方に興味があった。と言うのも自分の書き方と似ているなと思ったからだ。

 似ていると思ったのは、想像というか映像が先という部分。まず映像を思い浮かべ、それを文章に落とす。自分もそういう風にやる。他の人はよく知らないが、字面を追いかけている人が多いのではないかと思っている。

 自分は想像した物語が先で、小説はそれを文字としてアウトプットしたものに過ぎないと思っている。

「想造」という方法

 筆者の想像から入る手法は徹底していて、物語の終わりまで完全に想像できるまでは一筆も書いてはいけないと言っている。筆者はそれを「想造する」段階と言っている。

 その精度は分からないが、全てのシーンを事細かに想像して、それを覚えているとしたら凄いと思う。
 どこまで克明に想像しているかは書いていないので分からないが、普通の人はそんな記憶容量は無いはずなので、断片を記憶するのがせいぜいだと思う。
 多分そこまで事細かではなく、キーになる部分を覚えていると思うのだが書かれていないので分からない。

 最初にメインのキャラクターを7人、サブキャラを5人、作るそうだ。

 作る方法としては、写真を集める方法をとっている。考えたキャラクターに合う人物の写真をネットとかで集め、それをプリントアウトして貼っておくのだという。舞台になる背景写真もいくつか集めて貼っておくそうだ。

 もっとも後半に書いあるが、慣れれば写真はいらないらしい。

 そして「想造」する。キャラクター達が絡んで色々起きるのを観察するそうだ。その感覚は自分も分かる。キャラが勝手に動いて困る方なので。

 自分の場合、ほぼ考えるときはアニメ的なキャラが思い浮かんでいるので、やるとしたら絵を描いてしまうと思う。アニメで言うところのイメージボードか。手間ではあるが、確かにイメージは固まりやすい。でも手間なのでラクガキぐらいに留まると思う。描きこむ必要は無いだろうし。自分が分かれば良いし。

 十分に想造したら構成を作り始める。各話を1行で要約したものを全体の量作る。出来たらようやく執筆に入る。

そのまま鵜呑みには出来ないが、大いに参考になった

 どれぐらいの期間「想造」するのかは書かれていなかったと思う。出来るまでだったかもしれない。まずそれが分からない。

 7人メインキャラを集めると言うが、主人公はいいとして、他のキャラクターがどんなタイプなのかは書かれていない。そこも分からない。
 もしかしたらアーキタイプなのかもしれないし、単に「興味深い人物」なのかもしれない。やはり分からない。自分だったら後者だろうと思う。

 あとは組み合わせか。本でも書いてあるが、面白くならないのはキャスティングが間違っていると言う。これはとても正しいと思う。

 という訳で、とても参考になった。確かに書くよりも想像の中で色々やったほうが早い。それは分かる。書くのは手間なのだから。

Pocket Trainというゲーム

どういうゲームか?

 Pocket Trainと言うゲームがあります。列車を走らせて、路線を築いて行くというゲームです。Tiny Towerと同じNimbleBitと言うアメリカの会社の作品。

 アップデートがあまり無いのを見ると、あまり人気は無いゲームなのかもしれません。面白いかと言われれば、刺激的な面白さは無いが、育てる面白さがあると言えます。

 今使っているスマホ、Moto g proを買ってから「また」やり始めたので、現在1年ほどプレイしています。シンプルなせいか、特に飽きるということもありません。

 線路の引き方、列車の選び方、編成、稼ぎ方など、どこをどうすれば効率的か?など、考えることはいっぱいあります。そういうことを考えて工夫するのが好きな人は向いていると思います。

 日本語には対応してません。なので、日本人でやろうと思う人は少ないと思います。惜しい。実に惜しい。という訳で記事を書いてみようと思います。

ゲームの目的

 ゲームの目的は何か?「線路を世界中に広げる」ことです。

 ある程度進むと、線路を広げられる場所がなくなるので、目的が「速い列車を手にいれる」に変わりますが、これも地味に面白い。

何をやればいいのか?

 荷物を運んで、お金とBuxを稼ぐ。基本的にはこれだけです。

お金は分かると思いますが、Buxとは何か?ゲーム内で見ると、緑色のお札のような形をしています。アメリカのドルは緑がかっているらしいので、これはお札の類だと思われます。

 しかし、お金がすでに存在しているので、今ひとつ謎です。2つ目の通貨と考えると良いかもしれません。クーポンなのかもしれない。

荷物の運び方

  • 右側にある「荷物リスト」から、なるべく貰える金額の高い、またはBuxの多い荷物を選びます。積める荷物の数は列車の性能によります。いくつ積めるかは下の黒いウィンドウに書いてある「CARS」を見れば分かります。上の画像だと「1/14」とあります。14個まで積めて、すでに1コ積んでいるということです。
  • マップ上で経由する駅を指定します。間違ったら上の「UNDO」ボタンを押すと1コ戻ります。
  • 左下の「DEPART」ボタンを運ぶと出発します。デパートです。日本だと百貨店の意味ですが、「出発する」という意味のようです。
  • 列車が発車します。
  • そのまま見ていると、時々お金やBux、時には列車のパーツが入った箱が飛んできますが、忙しいので、マップ画面に切り替えるのをオススメします。

 切り替えるには右下にある「MAP」ボタンを押します。「×」ボタンを押すとサイドビューに戻ります。

 

 同時に複数の列車を走らせることが出来ます。同じように荷物を積んで発車させます。

 説明したいことはまだまだありますが、長くなりそうなので、とりあえず今回はこの辺で。ちょろっと紹介しようかと思ったけど、意外と書くこと多いぞこのゲーム……。

ポメラのカレンダーはこう使え!

Androidのテキストエディタからの気づいたこと

 この間、Androidのテキストアプリを考えていた時に気づいたことをいくつか。

  • ファイラーが使いにくく、ファイルを読み込むのが面倒
  • 大概はエディット位置を覚えてない
  • タブだとスクロール位置は保持されたまま

 というようなものでした。

ポメラの問題点

 使っているのはDM100です。転送が面倒なのは置いておきます。それ以外に実は問題があります。ファイラーです。ちょっと使いにくい。複数ファイルを行ったり来たりするのは難儀します。

 「開く」メニューだと、毎回ルートから始まります。なので目的のファイルを探すのが面倒。SDカードがあると、さらに選択肢が増えて大変になります。矢印キーで操作するんですが、いまだに慣れません。

 一度開いたファイルはメニューに登録されますが、これもリネームには対応していなく、存在しないファイルが残り、時々混乱します。

 これはAndroidアプリと同じです。ファイラーが弱いんです。
 ポメラの場合、他のファイラーの選択肢とか当然ありませんから、回避しようがありません。

そうだ、カレンダーがあるじゃないか

 カレンダーをバッファとして使うのは聞いたことがありました。しかしよく分からなかったのです。しかし今回いろいろ考えて気付きました。

 カレンダーの機能は次のようなものです。

  • 保存がいらない。どこかに自動保存。
  • 日付の数だけ書ける(上限は不明)
  • ファイラーを使わないので、切り替えが早い。

 この機能を見て何かと同じだと思いませんか?
 そう、これはタブと同じです。タブには次のような機能があります。

  • 保存がいらない
  • 複数保持しておける
  • ファイラーは使わない。

 もう分かりましたね。カレンダーをタブ代わりとして使えばいいんです。スクロール位置がリセットされるなど、タブと全く同じ機能ではありませんが同じように使えます。

 文章が長すぎる場合は、2つに分ければスクロール量を減らすことが出来ます。

むしろこっちが便利なのでは?

 カレンダーを使って30個(なお月によって上下)のタブ(バッファ)を使って文章を書けばいいんです。これによってファイラーを使わずに複数の文章をエディット出来ます。保存もいりません。
 1つのファイルを複数に分けておけば、長々とスクロールしなくても該当箇所がすぐに見つかります。

 ある程度できたら、コピペで1つのファイルまとめる。

 キングジムがこのことに気づいているかどうか分かりませんが、ファイラーでテキストを開いて保存するよりも全然便利です。こっちがメインの機能でも良いと思えるくらいです。

 しかし、こう見るとパソコンって、Androidやポメラと違って、いくらでも開いておけるので超便利ですよね(全て台無しにして終了)。

Androidのテキストエディタの弱点と補完

 ある日のこと。スマホでテキストエディタエディタをいくつか触っていて、どのUIに満足いかなかったため、

 ……とか呟きました。

 その時試していたのは、QuickEdit、小説ノート、Writer Plus、アルファポリス公式。

 各エディタの不満点と、それに補う対策を考えました。

各エディタの弱点

QuickEdit

 1番愛用しているかもしれないエディタ。タブとファイラが付いている。

 使っているのですが、保存はほとんどしません。自動でどこかに保存しているので、メモ代わりに使っています。理由は後で述べます。

 タブがあるのは良いです。素早く切り替えられますからね。テキストカウントはメニューからです。ここは惜しい。

 しかしファイラは問題あります。

 例えばテキスト書いて、新規保存しようとして、丁度いいフォルダが無かった場合。新規フォルダを作れ……ません。何故?

 しょうがないので、ドロワーからファイラを開いてフォルダを作ります。

 また、ファイラは前に開いたフォルダの場所を覚えていなく、毎回必ずルートに戻ってしまい、目的のファイルを探すのに手間がかかります。

小説ノート

 アプリ内で完結するタイプ。ストレージにはアクセスせず、アプリ内部にテキストデータを保存します。

 このアプリはかなり使いやすいのですが、タブが有りません。なので、別のテキストをエディットするには、一度テキストを抜ける必要があります。

 テキストを抜けてしまうと、そのファイルのカーソルの位置を忘れてしまうので、開くたび、作業位置までスクロールする必要性が生じます。ここが面倒。

 あと、エディタの行間が狭く、少々書きづらいのもマイナス点。

Writer Plus

 日本語で書けますけど、サポート言語には入っていないようです。シンプルで使いやすいアプリです。

 テキストはアプリ専用のフォルダを作って保存するタイプです。マークダウンもサポートしています。

 タブがありません。カーソル位置は大まかに保存しているように見えます。詳しくは使い込まないと分からないのですが、その点は良いと思います。

 あと、文字数カウントが付いているのですが、スクロールすると見えなくなります。ここが惜しい。

 フォントの問題もあります。自分は基本的にゴシックで書くのですが、明朝体です。多分システム標準のフォントかと。

アルファポリス公式アプリ

 小説投稿サイト「アルファポリス」の公式アプリ。これが意外なことに使いやすいです。

 問題点はカーソル位置を保存しないこと。これが面倒で……。あと2回タップしないとエディット出来ません。

 この中では1番好みのエディタではあります。

さて、どうすればいいか?

 選択肢がいくつかあります。

  • アプリの改善を待つ
  • 自分で作る
  • 他のアプリを探す
  • 他のやり方を考える

改善を待つ

 改善を待つなら、要望を出せば、もしかしたら機能が付くかもしれません。しかし付かないかもしれません。

自分で作る

 ……出来なくは無いと思うのですが、膨大な時間がかかると思います。

 テキストエディタって意外と難易度高いんですよ。フリーのライブラリ探すにしても時間かかるし。

 あとウチのマシンがAndroid Studio立ち上げると悲鳴を上げます。

他のアプリを探す

 運が良ければ出会えるでしょう。

他のやり方を考える

 最後に残るのはこれです。どんな時も力技よりも工夫が大事です。頭を使えですね。

そうだ、ファイラを使おう

 こういう時は問題を分けて考えると簡単になります。必要な機能は次のようなものです。

  • テキスト一覧
  • タブ。またはスクロール位置の保存
  • 文字数カウント(出来れば常時)

 考えました。タブとカウントは、工夫するには自作する以外は無理そうです。

 では、テキスト一覧を表示する方法は?ありました。ファイラを使えばいいんです。

 Androidにはいくつかファイラがあります。自分が持っているのは2つ。Asusの「ファイルマネージャー」と、Google純正の「Files」。

 どちらも「ストレージ」からたどればフォルダをそのまま閲覧出来ます。

Asus ファイルマネージャー
Files

 こう言ったファイラを使ってファイル一覧を見て、そこからテキストエディタで開けば良いかなと。これなら一覧問題は解決します。フォルダも作り放題です。

 しかし、これで開けるアプリは、現状だと、QuickEditとWriterPlusのみ。うーん。微妙に機能が足りない。多少は使いやすくなりそうですけど。

 まあ、パソコン使えば全部が解決しますけどね(爆

セリアのコーヒー缶はキューブ形だと計量スプーンが入る

 物書きのお供はコーヒーです。コーヒーはよく飲みます。インスタントだと、どうしても物足りないので、粉コーヒーをドリップして淹れています。

 さて、コーヒーを淹れる度、粉コーヒーのパッケージの口をクリップ2個で挟んでいたのですが、これがとても面倒。

 「一手でも手間を省け」の哲学を持つ自分としては、これは何とかしないといけないと思い、コーヒー缶を買いに行くことにしました。

 缶ならパカッと開けて、またフタ閉じれば良いですからね。

 しかしコーヒー缶ごときにお金をかけたくはないので、目的地は百均のみ。近所にあったのはセリアとダイソー。そして、セリアで良さげな缶を見つけました。

 しかし、円筒形とキューブ形の2つがありました。はて、どっちがいいのやら。好みとしては円筒形なのだけれど……。

 よく見てみると、円筒形の方には「Tea」の文字が。そうか、君は紅茶用なのだな。と納得。

 別にTeaと書いていても良いのだけれど、コーヒー淹れる度にずっとTeaの文字を見るのもやだなと思ったので、キューブ形の方を買いました。110円也。

 しかし、買ってきてコーヒー粉を入れてみて、計量スプーンを入れてみて気付きました。なるほど。キューブ形にはこんな意味が。

 コーヒー用の計量スプーンが入るんです。かなりぴったり。斜めに。もしかしたらスプーンによっては入らないかもしれませんが、自分のはピッタリでした。これは便利。

 と言う訳で、セリアのコーヒー缶で悩んだら、キューブ形が正解かもしれません。

ibisPaintは指で描けるぞ

 ご存知の通り、Moto g proを使っています。ペンが付いたモトローラのスマホです。まあ、絵が描けたら良いなと思いまして。買った訳です。

おや?LayerPaintが……?

 で、極たまに(おい)描いていた訳ですが、LayerPaintがアップデートしてから、何か感触がイマイチになりまして。

 更新情報で筆圧設定が変わったとか一瞬見たような。設定いじれば変わるのかもしれませんが、今のところやってません。

ならば、ibisPaintを使ってみよう

途中まで描いた図

 ibisPaintと言うお絵描きアプリがありまして。お絵描きアプリで不動の1位をずっとキープしているアプリ。

 上の絵は途中まで描いたもの。制作過程動画があるんですが、何故かブログにアップロード出来ないので止め絵で。顔付近しか描いてないラフですが。それなりにクオリティ上がったら差し替えようと思います。

 ibisPaintは、You Tubeにノウハウ動画がけっこう上がっています。見るとかなり参考になります。ディープブリザードさんこと深雪ちゃん(逆です)のコレとかね。

 こういう動画の中に、普通にスマホで指で絵を描いてるのもあるんですよ。ペンタブレット使わずに。

 もしかしてノウハウ覚えれば……指でも描けるんじゃね?とか思いまして。あちこち見たり読んだりしてみたのです。

 で、なんとなくコツを掴んだような気がして、指で描いてみたら、……何か描けるようになっていました。

 もしかしたら筆圧が必要と言うのは幻想だったのかもしれません。

 タブレット使っても一発で線を引けることは稀で、大概は何度も引き直したり、足したり引いたりしますからね。そこに筆圧の意味無し。

もしや、ibisPaintと指描きをマスターすれば、どこでも描けるのでは?

 指で描ける訳です。ペン無しで。スマホで。

 と言うことは、スマホ触れる環境(大概どこでも)なら、絵が描けるのです。

 定食屋で食事をした後に、公園のベンチで、コンビニの店前で、ラーメン屋の行列中に、もちろんオフトンでも。パソコンとかタブレットとか置くテーブルがいらないんです。なんて自由なんでしょう。

 修練次第でクオリティは上がると思いますので、マスターすれば、「俺に必要なのはスマホのみ!」と言う状態に持っていける訳です。なんて素晴らしい。

 と言うわけで、ibisPaint、なかなか良いのでは?と言うか、道具が減るって素晴らしい!

 なお、無料版のXは広告煩いので、買った方が良いかもしれません。1000円か……。