なめこDX極「真の栽培家」その2

 以下、ネタバレが確実に含まれますので、見たくない方はUターン推奨。

 とりあえず品種改良種をターゲットにして行きます。原木のメダルはやっていれば増えて行きそうなので。

 栽培アイテムはだいたい「新型レア薬」連続投入。原木の「栽培パラメータ」が低い場合は栄養剤も混ぜる。

 原木のメダルがあまり残っていない場合は「品種改良装置」も追加。
 「品種改良のお札」、「レアUP像」は未購入。

 それでは地味に(時間かかるから……)、収穫スタート!

続きを読む

Android用小説ツール『小説ノート』

 Androidには数多くの小説を書くアプリがあります。普通のテキストエディタから、アウトラインツール、そして縦書きを特徴とするものもあります。

 その中で「小説ノート」と言うアプリがあります。特徴的には、書いたものを縦書きで読むことが出来るアプリです。

 しかし、このツールの価値はそこではなく、「書きやすい」のが最大の利点です。では、なぜ書きやすいか。いくつか理由があります。

  • 文字数がリアルタイムで表示される
  • ページ数が表示される
  • 縦書きモードで気持ちを切り替えて見ることができる。

文字数が常に表示される

 文字数が、書いている最中でも『常にリアルタイム』で表示されます。後からカウント出来るエディタは数多くありますが、リアルタイムで表示できるアプリは結構少ないです。

 では、なぜ常に表示されていると書きやすいか。その理由は、どの辺まで書いたのかが、『見れば一瞬で分かる』からです。

ページ数が表示される

 縦書きプレビューしたとき、下部に全ページ数と、今いるページ番号が表示されます。

 これがなぜ書きやすさに繋がるかというと、これもどの辺を書いているかの目安にしやすいからです。

 例えば3000文字の話を書く場合、自分の機種だと、ページ数にすると20ページぐらいになります。

 そうすると、この辺で導入部を終えないと……とか、そろそろ締めないと……とか言うのが分かります。文字数を数えないで『見るだけ』で感覚的に分かるのがとても便利。

縦書きモードで気分を切り替えられる

 作者の意図的には、紙の小説の見た目にするという、雰囲気を重視したものだと思います。

 しかし、自分にとっては気分と視点を変えて見れることが大きいです。

 書いている最中はなぜか間違いや余計なものに気がつきません。気分と視点を変えると、なぜか気付くのです。

問題点

 小説ノートは良いソフトなのですが、もちろん問題点もあります。

縦書きモードで空行が入る

 法則性は良く分からないのですが、自分の機種の場合、時々入れた覚えのない空行が入ります。

 機能的には問題にならないので、大きな問題では無いのですが、見た目的には気になります。

広告が出る

 執筆中は広告が出ませんが、一覧画面で下部に広告が表示されます。

 特に邪魔には感じませんが、集中するために、有料板が欲しいところです。

保存が独自形式

 保存がアプリ内に保存する独自形式です。標準テキストだと他でも使えて便利だったのですが、しょうがないのでしょうかね……。

まとめ

 小説ノートは特に高機能と言うわけでもなく、アウトラインがある訳でもなく、見た目のデザインが優れている訳でもなく、ごくごく普通のソフトに見えます。

 しかし、細かい技が効いていて、一番大事な『書きやすさ』が、他に比べて優れています。

なめこDX極『真の栽培家』挑戦中

 じりじり進めて来たスマホゲーム、「なめこ栽培キットDeluxe極』。

 ほぼ終わりに近いかなと言う状況になって出て来た『じいのお願い』、『真の栽培家』。

 図鑑の金メダルを700枚集めると言うミッションで。えーと、ほぼ全部なのかな?もしかして。

 と言うわけで最後っぽい原木の育成を放ったらかしにしつつ、初めてみた。

 とりあえず、見たところ、品種改良種の辺りが狙い目に見えたの、品種改良の進んでない原木を選んで挑戦中。

 現在『616/700』。

ダンボール5個で引っ越した

 さて。ちょっと前に関東(西側)から関東(北東)に引っ越したのですが。その時に悩んだのが、引っ越しの料金。荷物を運ぶってやつですね。

 移動距離は100キロちょい。結構ありますね。ここを荷物を運ぶのにはいくつか選択肢がありました。

  • 引っ越し業者に頼む。普通。
  • レンタカーを借りる。四輪の腕(2トンまで)と荷物の量次第では可能。
  • 宅急便で荷物を送る。荷物が物凄く少ない場合のみ可能。

 悩んだ。普通の引っ越し業者はどうやら荷物の量よりも、運ぶ距離数によって値段がかかるらしく。今回は100キロちょいなので結構ある。なので、荷物が少なくとも、距離があるとお金がかかってしまうのでした。

○引っ越し業者の場合

 引っ越し業者の場合、荷物が軽トラに乗るならば、自分の知っている範囲だと一番安いのは『赤帽』。けっこう引っ越しする人なので、何度も引っ越しの見積もりをしたことがありますが、やはり安いです。まあ、一家四人とかになっちゃうと、量的に無理なんですけどね。

 この赤帽のWeb見積もりをしてみたところ、なんと2万円ぐらいかかる。安いかどうかは、それぞれの感覚によると思いますが、自分的にはこの荷物と距離で2万円?と言うのが正直なところでした。やはり距離が効いている。

○レンタカーの場合

 レンタカーを使う場合。基本的に行って戻って来たくは無いので、乗り捨てられるのを希望。しかし、この『乗り捨て料金』が地味に高い。

 ウェブで調べたところ、料金はどうやらトヨタレンタカーが安いらしいと言うことが分かった。アプリとウェブで見積もりをしようとしてみたが、何となく面倒だったので、近所の店まで行って聞いてきた。

このクラスで、ここからここまでの乗り捨てになりますと……」

 軽バンで約2万円だった。そう、赤帽の引っ越しと変わらない。自分で運転する手間がかかるけど、値段が変わらない。これは……面白いけど大変だ。うん、しばらく乗ってないし、ちょっと……。ゴールドですけれども!

○宅急便を使う場合

 さて3番目。最後の手。荷物が少ない人のみが使える、選ばれし人のみが使える、究極の引っ越しの手段、宅急便。もはや引っ越しとは言えず、普通に『荷物を送る』に過ぎない。ちなみに人は電車です。

 とりあえずヤマトで調べた。

 さすが宅急便。距離ほとんど関係ない。安い。一箱千円から二千円程度。昔はもう少し安かった気がするのですが、上がったんですかね。あまりよく使わないので相場の変動には疎くて。

 もし、5箱程度に荷物が収まるならば、1万円程度で引っ越しが出来ることになる。

 ちなみに、宅急便でも『小さな引っ越し』という単身向けのプランがあるのですけど、これは2万以上する。……なんか一律ですね。

○さてどれを使ったか?

 3番。当然ですね。

 まあ、最終的にダンボール5箱に収まりましたが、そこまでの減らす苦労と言ったら……。ちょうど壊れかけたベッドを捨て、ン十年使った磨り減った洗濯機を捨て、包丁を捨て、その他諸々削りに削り……。

 自分は普段から『荷物を持たない』を信条に生きてるので何とかなりましたけど、一般的な手段で無いことは、ダンボールに荷物を詰めてみれば分かると思います。

○最後に残った物とは?

 さて。荷物を減らしに減らしていくと、最後には何が残ったでしょうか。では発表〜。

  • 衣類
  • 寝具(キャンプ道具含む)
  • 料理道具、食器
  • 書類(契約書など)
  • 趣味のもの(パソコン、スマホ関連)、記念品

 こうです。これだけあれば人間は生きていけます。

 家具はどうしたって?今手元にあるのはキャンプ用の折りたたみテーブルのみ。大丈夫。飯も食えるし、パソコンも打てる。

 この中で一番箱が大きかったのが『衣類』ですね。結構減らしてるつもりでしたけれども、やはり多かった。

 お分かりでしょうが、古くから言われる『衣食住』と『趣味のもの』、あと自分的には大切ではないのだけれど、社会的に大切な『書類』。この辺です。人間に必要なものは。書類なんかは自分の都合じゃないので、社会が変われば減りそうですけどね。

 という感じで『ダンボール5個で引っ越した』と言うお話でした。

ブログ復活!

 一年ほどブログを閉じていましたが、このたび復活。活動を記録するのに、なんとなく必要だなと。雑文も書けるし。

 さて、WordPressブログを復活させるにあたって、少々手間取りましたので、手順とポイントを書いていこうと思います。以下、WordPress分かる人向け記事。

WordPressを復活させた手順

 さて。ブログを再開させるには、バックアップデータから復活させる必要があります。自分の場合、BackWpupと言うやつを使って圧縮ファイルでとってありました。Webを漁ってやり方を調べると……

  • まずファイルを解凍。前のブログがディレクトリ構造のまま解凍されます。
  • その中の必要なファイルのみをサーバーにアップロード。(アップするとセキュリティ的にまずいファイルがあるらしい……調べて……)
  • サーバーのデータベースを選択して、phpMyAdmin(SQLデータベース操作するやつ)を立ち上げる。
  • インポートタブを選んで、ローカルにある圧縮されたままのsqlファイル(自分の場合はgz圧縮でした)を選択。読み込む。

○問題1:データベースが選択されていません

 ここで一つ問題発生。データベースをセレクトしていないよ!……と言われました。

 調べると、phpMyAdminのSQLタブでSQLコマンドでセレクトすればよろしいと書いてありました。が、なんやかんや操作しているうちに、やらなくても出来てしまい、自動解決。データベースのツリー触っていたからですかね?

 で、WordPressのSQLデータがインポートが完了。

○問題2:投稿記事が復活しない

 データベースが読み込めたので、今度はWordPress側です。WordPressに戻ってみると『データベースの更新が必要です』と言われたので更新。

 しかし、ここで二つ目の問題発生。プラグインとテーマは復活したものの、投稿記事がまるで無い。全然無い。

 あー、もしかして投稿記事だけバックアップ取れてなかったかな?とか思い、小一時間ほど途方に暮れたものの、思い直して『BackWpup 投稿 復活」などと検索してみた。しかし全然それらしい記事がヒットしない。うーん……。

 わからないなりに考えていると、phpMyAdminの構造はどうやらWordPressのデータ構造そのものであることに気付く。もし投稿が残っているなら、データの中にあるはず。

 で、データベースのツリーを良く見ていくと、『post』と書かれたものが見つかった。うん、どう見てもこれが記事でしょう。

 中を見てみると、以前に書いた記事のタイトルらしきものが見つかった。つまり、データはどうやらあるっぽい!

 しかし、色々調べども、全く投稿記事一覧は表示されず。また小一時間ほど途方に暮れる。

 で。ツリーを見ていて気がついた。データテーブルの接頭辞が2種類ある。『wp1』と、もう一つ妙に長いやつ。そして両方に『post』がある。

 postのデータを開いて、記事タイトルと見てみると、どうやら『wp1』の方が古い投稿で、長いやつはついさっき作ったやつらしいことが判明。

 つまり、WordPress用のデータが2つある。なぜだ(インポートしたからさ……)。

 じゃあ、どうすればいいか。消すか、データを指定すれば良さそう。と推測。

 調べました。wp-configで『接頭辞を指定する項目』がある。これだ!……と言うわけで、wp-configをサーバーでゴニョゴニョしてデータを指定すると!

 ……ついに復活!おめでとう!パチパチパチパチ!

 と言う感じで、七転八倒はしませんでしたが、二転三倒ぐらいでWordPressブログが復活したのでした。

 さて、色々整えつつ、書いたり作ったりして行きますかね。

 

Android用物書きソフト2019年10月現在

 Androidで物書き用に使ってるアプリ。2019年10月版。

QuickEdit

 最初に見つけたテキストエディタ。多分本来はプログラム用。タブあり。言語のシンタックスにより色分けが出来る。

Google Play で手に入れよう

 フリー版もありますが、広告がうるさいので有料版推奨。

良いところ

  • シンプル。軽い。
  • アプリ内ではなく、ストレージ内のファイルを読み書きをするタイプ。ただのテキストファイルなので、他に持っていくことが可能。
  • 文字数カウント。物書きには便利ですね。
  • ファイルの種類により自動で色分けが可能。
  • テーマの切り替えが可能。ダークテーマが暗い場所でも見やすい。

ここが惜しい

  • アウトライン機能が無い。なので長い文章には向かないかも。検索使えばジャンプは出来ますけれど。
  • 文章の一部を選択した時は文字数カウントが使えない。なので、選択部分の文字数は分からない。

ハルナアウトライン

 アウトラインソフト。その名の通り、文章をアウトラインを構成する時に使います。長い文章を小分けして書けます。

  フリー版もあります。高度な機能が必要無いならそっちで。

Google Play で手に入れよう

良いところ

  • 操作しやすい
  • インポート、エクスポートが充実。
  • 外部エディタで編集可能

ここが惜しい

  • 文字数カウントが無い。

 姉妹アプリにハルナマインドと言うマインドマップアプリもあって、自分も購入してみましたが、自分の使い方だと特にいらないようです。

あとがき

 両方とも完璧では無いので、補完し合って使うのが良いのかもしれません。

 最後は工夫ですね。

Atomを物書き用にカスタマイズ

前置き

Atomとは、Github(あまり用が無いのでよく知らない)が出しているプログラムエディタ。コンパイル言語からWeb用など、様々な言語に対応。

まあ、それは置いておいて。

導入の仕方、インストールとかパッケージとかはここには書きません。Webにいっぱい情報があるはずなので。書くのは自分が物書き用にどうカスタマイズしたか。

続きを読む

ポメラDM100二度目購入1ヶ月後の感想

前置き

ポメラを買って……ええ?早1ヶ月?いったい自分は今まで何を……(カクヨムのコンテスト用に短編小説書いてました)。こちら

なお、この小説は途中までポメラで書いて、途中からMacのAtomで書きました。プログラム用のエディタです。その話はまたこんど。

と言う訳で、DM100二度目購入1ヶ月インプレッション。

続きを読む