タグ: android

Android10で画面にナビゲーションボタンを出す

 前にAndroid10で絵を描くにはナビゲーションが問題になると書いたことがあったのですが。

 実は設定で3ボタンナビゲーションに出来るようです。Twitterで港さん(minato_alpha57)に教えて貰いました。

 3ボタンにすると、画面端を使うアプリが操作しやすくなります。

やり方

 やり方はこうです。

  • 設定>システム>操作>システムナビゲーション

 ここで、「ジェスチャナビゲーション」から「3ボタンナビゲーション」に変えれば、ほぼ今まで通り(知っているのはAndroid7まで)のAndroidの操作になります。

 これで絵を描くときも操作間違いで戻ったりしないぜ!うひょー!……とか最初は思っていたのですが、Googleさんの考えにも利点があったようで。

普段使いではジェスチャーの方が早い?

 でも、しばらく使ってみた感想としては、普段使いだとジェスチャーの方が早いと言うことで。ここが微妙。

 物理的に考えると

  • 画面端でスワイプ(手元で右にスワイプ)
  • 画面下でボタンを押す(画面下に指を伸ばす > 押す)

 どっちが早いかと言うと、画面下のボタンに指を伸ばすよりも、手元でスワイプする方が、「指を伸ばす」操作が一手少ないので、どうしても早いんですよね。特に片手の時は持ち直す動作もあるのでなおさら。

 ネットでAndroid10の評判を見ても、「慣れれば早い」という意見が多数で。そして、「問題がある」という意見も多数で。全く同意。

 早さを取るか、確実性を取るか。

 アプリごとにナビゲーション変えれるとか、画面半分下だけスワイプ受け付けるとか出来ると良いんですけれど。

 今でもTinyTowerとかは一度下からUIを引っ張り出さないと操作出来ませんし、統一する必要もあまり無いと思うんですよね。え?器用すぎ?

使用頻度で考えましょう

 現状で解を考えると、Androidで絵を描く機会とか、スワイプを多用するアプリが増えてきたら3ボタンにして、普段はジェスチャーにしておく。ですかね。ヴィジェットとかで切り替え出来るといいんですけど。

 次回のAndroidOSで良いとこ取りのUIが登場して解決してくれるといいのですが。

時間ログをつけてみた

 多趣味なので色々やりたいことがあるのですが、時間的になかなか難しい。

 モバイルもいいですけど、使えるのは電車内、カフェ、公園のベンチ、駅の待ち合い室など。たいがいは「座って落ち着ける場所」が必要になります。いや、別に「寝ながら」でもいいですけどね。

 道端で「立って」やることも出来ますが、せいぜい十分ぐらい。そんな長時間は出来ない。なので、モバイルに大幅な改善を求めるのは無理がありそう。

 じゃあどうするか。とりあえず時間ログをつけて何に時間を使っているか確認しよう。そう思いました。無駄にWebブラウジングとかやってそうだったので。

 とりあえずアプリを探しました。キーワードは「時間ログ」「時間簿」など。

 手帳にメモしたり、パソコンで記録でもいいんですけど、なるべくなら常に持っているスマホでやりたいなと。

 自分の用途、「何にどれぐらい時間を使っているか確認」に使えるものを探してみたところ、あるアプリが見つかりました。

続きを読む

moto g PROの充電時間

 moto g PROの充電は基本的に速いです。

 50パーセントからフル充電まで約1時間で充電出来ます。だがしかし。

「1時間で充電すると言ったな。あれはウソだ」

 とは、moto g PROは言いませんが、表示されている「あと○○分」は信じてはいけません。最初は短く表示されますし、最後はズルズル伸びます。

 途中まではいいんです。しかし、フルに近くなるにしたがってムッチャ伸びます。

 これはバッテリーをいたわって充電速度をセーブしているらしいので、仕方ないのですが、まるで往年のウインドウズのプログレスバーのごとく伸びます。

 1時間と表示されていたら、1時間半はかかると思った方が良いです。

 もう少し、時間が伸びるのを考慮して計算してくれるといいのですが、無理なんですかねぇ……。

しかし、基本的に充電時間は短い

 前の機種、Zenfone 4 Maxは、急速充電用ではない普通のUSBケーブルを使うと、数時間かかっていました。太い専用充電ケーブルと充電器を使うと早いんですが。

 それに比べると、1時間ちょいでフル充電出来るmoto g PROは速いです。ケーブルも普通の太さで取り回しに無理がありません。USB-Cなので、規格の差なのでしょうか?

では、実測データ

  • 0分後:37%:フル充電まで25分
  • 10分後:47% :フル充電まで41分
  • 20分後:58% :フル充電まで35分
  • 30分後:69% :フル充電まで27分
  • 40分後:79% :フル充電まで19分
  • 50分後:88% :フル充電まで12分
  • 60分後:93% :フル充電まで8分
  • 70分後:96%:フル充電まで5分
  • 80分後:99%:フル充電まで2分
  • 90分後:充電完了

 最初は終わるまでの時間を計算するデータが少ないのか、とても短く充電時間が表示されます。

 10分以降になると、だいたい安定して時間が減っていきます。

 80%超えたあたりから、充電終了までの時間が渋くなっていきます。

 ……だいたい充電開始してから『10分後に表示される数の倍ぐらいの時間』がかかると思っていれば、良いのではないかと。

moto g PROの電池消費量

 しばらく使ってみました。電池消費量の上位はこんな感じ。

ブラウザ、Twitterクライアント

 当然ながらやはり通信系は電池少量が多いですね。

 ブラウザ:10分あたり1.25%の電池消費。
 Twitterクライアント:10分あたり1.1%の電池消費。

小説ノート

 意外だったのは「小説ノート」。縦書き用にレンダリングしてるからかもしれません。結構電池食ってる。

 10分あたり0.9%の電池消費。

 使い方工夫しつつ様子見てみないと。もしかしたら普通のテキストエディタの方がいいのかも。いや、ポメラを使え?

LayerPaintHD

 お絵描きソフトの「LayerPaintHD」はペン入力のせいか、GPU回すからなのか、やはり消費量が高い。いや、3時間は使い過ぎ?スマホでお絵描きは無理がある?

 電池消費量を計算してみると、10分あたり1.1%の電池消費。

 ……単に長時間使い過ぎですね。通信系とあまり変わらない。

 今のところこんな感じです。

moto g PROで絵を描いてみた

 さて。

 Zenfone4 maxバッテリーが3年程経過して1日持たなくなってきていて、さらに引っ越して容量の大きいプランををそれほど必要としなくなっていた。

 ああ、これはMNPして機種の替え時かな……とか思っていた、その時。

 なんとスタイラス付きのandroidスマホが出ると言うウェブ記事を目にした。え?もしかしてスマホで絵を描けたりするの?

 その名は「moto g PRO」。モトローラ!

 早速、我々(俺1名)は南米(インターネット)へと調査へ向かった。

続きを読む

moto g PROを買った

 モトローラのスマホ、moto g PROを買いました。

 ペンの使い心地は他に記事を書いている途中なので、ここではその他の所感を軽く書いていきます。

 使ってまだ数日なので、分からない機能もまだいっぱいありますが、分かっているポイントだけ。

続きを読む

Android用小説ツール『小説ノート』

 Androidには数多くの小説を書くアプリがあります。普通のテキストエディタから、アウトラインツール、そして縦書きを特徴とするものもあります。

 その中で「小説ノート」と言うアプリがあります。特徴的には、書いたものを縦書きで読むことが出来るアプリです。

 しかし、このツールの価値はそこではなく、「書きやすい」のが最大の利点です。では、なぜ書きやすいか。いくつか理由があります。

  • 文字数がリアルタイムで表示される
  • ページ数が表示される
  • 縦書きモードで気持ちを切り替えて見ることができる。

文字数が常に表示される

 文字数が、書いている最中でも『常にリアルタイム』で表示されます。後からカウント出来るエディタは数多くありますが、リアルタイムで表示できるアプリは結構少ないです。

 では、なぜ常に表示されていると書きやすいか。その理由は、どの辺まで書いたのかが、『見れば一瞬で分かる』からです。

ページ数が表示される

 縦書きプレビューしたとき、下部に全ページ数と、今いるページ番号が表示されます。

 これがなぜ書きやすさに繋がるかというと、これもどの辺を書いているかの目安にしやすいからです。

 例えば3000文字の話を書く場合、自分の機種だと、ページ数にすると20ページぐらいになります。

 そうすると、この辺で導入部を終えないと……とか、そろそろ締めないと……とか言うのが分かります。文字数を数えないで『見るだけ』で感覚的に分かるのがとても便利。

縦書きモードで気分を切り替えられる

 作者の意図的には、紙の小説の見た目にするという、雰囲気を重視したものだと思います。

 しかし、自分にとっては気分と視点を変えて見れることが大きいです。

 書いている最中はなぜか間違いや余計なものに気がつきません。気分と視点を変えると、なぜか気付くのです。

問題点

 小説ノートは良いソフトなのですが、もちろん問題点もあります。

縦書きモードで空行が入る

 法則性は良く分からないのですが、自分の機種の場合、時々入れた覚えのない空行が入ります。

 機能的には問題にならないので、大きな問題では無いのですが、見た目的には気になります。

広告が出る

 執筆中は広告が出ませんが、一覧画面で下部に広告が表示されます。

 特に邪魔には感じませんが、集中するために、有料板が欲しいところです。

保存が独自形式

 保存がアプリ内に保存する独自形式です。標準テキストだと他でも使えて便利だったのですが、しょうがないのでしょうかね……。

まとめ

 小説ノートは特に高機能と言うわけでもなく、アウトラインがある訳でもなく、見た目のデザインが優れている訳でもなく、ごくごく普通のソフトに見えます。

 しかし、細かい技が効いていて、一番大事な『書きやすさ』が、他に比べて優れています。

Android用物書きソフト2019年10月現在

 Androidで物書き用に使ってるアプリ。2019年10月版。

QuickEdit

 最初に見つけたテキストエディタ。多分本来はプログラム用。タブあり。言語のシンタックスにより色分けが出来る。

Google Play で手に入れよう

 フリー版もありますが、広告がうるさいので有料版推奨。

良いところ

  • シンプル。軽い。
  • アプリ内ではなく、ストレージ内のファイルを読み書きをするタイプ。ただのテキストファイルなので、他に持っていくことが可能。
  • 文字数カウント。物書きには便利ですね。
  • ファイルの種類により自動で色分けが可能。
  • テーマの切り替えが可能。ダークテーマが暗い場所でも見やすい。

ここが惜しい

  • アウトライン機能が無い。なので長い文章には向かないかも。検索使えばジャンプは出来ますけれど。
  • 文章の一部を選択した時は文字数カウントが使えない。なので、選択部分の文字数は分からない。

ハルナアウトライン

 アウトラインソフト。その名の通り、文章をアウトラインを構成する時に使います。長い文章を小分けして書けます。

  フリー版もあります。高度な機能が必要無いならそっちで。

Google Play で手に入れよう

良いところ

  • 操作しやすい
  • インポート、エクスポートが充実。
  • 外部エディタで編集可能

ここが惜しい

  • 文字数カウントが無い。

 姉妹アプリにハルナマインドと言うマインドマップアプリもあって、自分も購入してみましたが、自分の使い方だと特にいらないようです。

あとがき

 両方とも完璧では無いので、補完し合って使うのが良いのかもしれません。

 最後は工夫ですね。

Zenfone 4 Max のラジオ

Zenfone使ってるんですが

 さて。

 最近はiPhoneでは無く、アンドロイドのZenfone4 Maxを使っています。

 自分の使い方としては、メール、チャット、ブラウザ、簡単なゲーム、Twitter、テキスト書きぐらいの用途なので、これで十分ですね。

 そして、前に自転車キャンプをやった時の教訓で、とにかくバッテリー重視ということで、Zonfone4 Max(ZC520KL)になってます。去年(2018年)買ったやつで、そのバッテリー容量は4100mAh。多分普通のiPhoneの倍ぐらい。 続きを読む