タグ: dm100

ポメラdm100の付箋文は変更できる

ポメラの付箋文機能

 ポメラdm100の機能に付箋文と言うのがあります。

 F1キーで付箋文插入、F5で付箋文へジャンプ、Shift+F5で逆向きジャンプ。

 まさしく付箋の役割で、重要な部分、またはしおりがわりに挟んでおくものだと思います。

 付箋文は「★付箋文★」と言う文字列が插入され、そこに飛ぶようになっています。特にこれで問題は無いのですが……。

付箋文を変更する

 実はこの「★付箋文★」と言う文字列は変更出来たのです。あらびっくり。

 やり方は簡単です。メニュー検索/插入から付箋文を開き、そこに好きな文字列を入れておくだけです。

 自分の場合は「■」を見出しに使うことが多いのでそれにしています。そうするとF1キーで付箋文を插入せずとも、普段通り書いたものが、そのまま付箋文になるのです。

 以上、ボメラdm100の付箋文の変更方法でした。

ポメラのカレンダーはこう使え!

Androidのテキストエディタからの気づいたこと

 この間、Androidのテキストアプリを考えていた時に気づいたことをいくつか。

  • ファイラーが使いにくく、ファイルを読み込むのが面倒
  • 大概はエディット位置を覚えてない
  • タブだとスクロール位置は保持されたまま

 というようなものでした。

ポメラの問題点

 使っているのはDM100です。転送が面倒なのは置いておきます。それ以外に実は問題があります。ファイラーです。ちょっと使いにくい。複数ファイルを行ったり来たりするのは難儀します。

 「開く」メニューだと、毎回ルートから始まります。なので目的のファイルを探すのが面倒。SDカードがあると、さらに選択肢が増えて大変になります。矢印キーで操作するんですが、いまだに慣れません。

 一度開いたファイルはメニューに登録されますが、これもリネームには対応していなく、存在しないファイルが残り、時々混乱します。

 これはAndroidアプリと同じです。ファイラーが弱いんです。
 ポメラの場合、他のファイラーの選択肢とか当然ありませんから、回避しようがありません。

そうだ、カレンダーがあるじゃないか

 カレンダーをバッファとして使うのは聞いたことがありました。しかしよく分からなかったのです。しかし今回いろいろ考えて気付きました。

 カレンダーの機能は次のようなものです。

  • 保存がいらない。どこかに自動保存。
  • 日付の数だけ書ける(上限は不明)
  • ファイラーを使わないので、切り替えが早い。

 この機能を見て何かと同じだと思いませんか?
 そう、これはタブと同じです。タブには次のような機能があります。

  • 保存がいらない
  • 複数保持しておける
  • ファイラーは使わない。

 もう分かりましたね。カレンダーをタブ代わりとして使えばいいんです。スクロール位置がリセットされるなど、タブと全く同じ機能ではありませんが同じように使えます。

 文章が長すぎる場合は、2つに分ければスクロール量を減らすことが出来ます。

むしろこっちが便利なのでは?

 カレンダーを使って30個(なお月によって上下)のタブ(バッファ)を使って文章を書けばいいんです。これによってファイラーを使わずに複数の文章をエディット出来ます。保存もいりません。
 1つのファイルを複数に分けておけば、長々とスクロールしなくても該当箇所がすぐに見つかります。

 ある程度できたら、コピペで1つのファイルまとめる。

 キングジムがこのことに気づいているかどうか分かりませんが、ファイラーでテキストを開いて保存するよりも全然便利です。こっちがメインの機能でも良いと思えるくらいです。

 しかし、こう見るとパソコンって、Androidやポメラと違って、いくらでも開いておけるので超便利ですよね(全て台無しにして終了)。

ポメラDM100二度目購入1ヶ月後の感想

前置き

ポメラを買って……ええ?早1ヶ月?いったい自分は今まで何を……(カクヨムのコンテスト用に短編小説書いてました)。こちら

なお、この小説は途中までポメラで書いて、途中からMacのAtomで書きました。プログラム用のエディタです。その話はまたこんど。

と言う訳で、DM100二度目購入1ヶ月インプレッション。

続きを読む

ポメラをまた買った

何でまた?

 久々にポメラを中古で買った。DM100。旧型のポメラである。ちなみに今は2019年の8月。新機種DM200が発売されてもう数年経つ。

 用途は物語を書くためである。世間では小説と言うらしいが、別に何かの説を説こうとしている訳ではなく、単に面白げな物語が書きたい。

 実はDM100を買うのは二度目である。

続きを読む