blender_curve_model

ポリゴンちまちまやるのがどうにかならないものかと調べたら、カーブモデリングがblenderにあった。

使い方

まず3つのカーブを用意する。ベジェでもNubusでも良い。今回はベジェにしてみました。

  • 元になるカーブ
  • 断面のカーブ
  • テーパー用のカーブ

そして元のカーブのプロパティのGeometryに断面とテーパーを指定。Bevel Objectに断面カーブを。Taperオブジェクトにテーパー用のカーブを指定。すると、あら綺麗なカーブのオブジェクトが!詳しくは画像を参照。

色々可能性を感じますね。

ちなみにベジェでハンドルを別々に動かすにはVキーを押してVector。


blender_grease

最近blender良く使ってるんですが、3Dのモデリングって面倒ですよね。なんせ3Dだから次元が1個増えてる。立方体的なものならまだ簡単なんですが、斜め向いてる面とか平らにするのも面倒だったり。

一般的にキャラをモデリングする時は3面図をまず描いて、それを下敷きにモデリングするようです。ただ、この3面図がもう面倒くさい。と言うか3Dソフトは3Dソフト内だけで作業を完結させたい。

で、これですよ奥さん。Grease Pencil。

これが何かと言うと、画面内に落書き出来るもの。これね、レンダリング出来ないし、何に使うものかいまいちわからなかったんですよ。一時期これでアニメーション出来るようになったとか宣伝してたりして。アニメーション作成ツールなのかな?とか思ったんですが、使ってみるとどうもそうじゃない。

しばらく使って分かりました。これアタリ用です。アニメーション出来るのも、これはアニメーションのアタリを描くためです。一部の人がこれでアニメ作れるよーってなことを言っちゃってるので大概の人は勘違いしている気がするんですが、アタリ用です。もしかしたら未来的にはアニメツールになるのかもしれませんが、今のところアタリ用です。そういう風に開発されていると思います。

基本的使い方

  • 描画:Dキーを押しっぱなしの間、描くことが出来る
  • Dキーを押しっぱなしの間、右クリックで消すことが出来る。

邪魔になったらカラー(レイヤー?)ごと消しましょう。パレットのマイナスボタンを押すだけです。

色を変えることも出来ます。カラーで色を変えると既に描画されてるストロークの色が変わります。

ここが便利

ビューまたはサーフェス(ポリゴン表面)に描ける。

  • なんかシルエット的に違うなーと思ったら、ビュー(または3Dカーソル位置)にアタリを描いてモデルを修正。
  • 新たに加工しようと思った時はサーフェス上に落書き。それを元にモデリング。

そういう訳で、絵を描く人には大変便利な機能なんじゃないかと思います。


ながはし食堂


コメディアン


リングのGW
これはゴールデンウィークにきまぐれにTwitterに投稿したものに加筆したものです。(‘-‘)

– – – – – – – – – – – – – – – – –

四角いリングに滲む二つの影。大歓声が響く……。
マネージャー雪子「やめて!GWはもうっ!これ以上っ!」
GW「……大丈夫……まだ……いける……」
ふらつきながら前へ踏み出すGW。睨みつける日曜日。
日曜日の右パンチが放たれる。
次号「打ち砕くもの」お楽しみに。

その瞬間、全てはスローモーションになった。
日曜日の右ストレートがGWの左頬にめりこみ鈍い音を立て、GWの左フックが日曜日の顎を下から強打し、マネージャーの竜巻旋風脚が全てを薙ぎ払った。
「プキャクッ」
薄れゆく意識の中、テンカウントが聞こえ、右手を上げるマネージャーが見えた。

GWは特訓を続けていた。まだだ、まだ俺は終わっちゃいねぇ。
サンドバッグにパンチを打ち込み続ける。
マネージャー雪子「次の対戦相手が決まったわ……マンデーよ」
数々のボクサー(お休み)をリングに沈めた無敵のヤツが来る。
GW「……マンデー・モーニング!」

GWは戦った。まるで山と格闘しているようだった。
マンデー・モーニングはあまりに強く強大だったのだ。
(終わらない!俺はこんなところで終わらない……!)
GWの心の中の叫びが拳に魂を込もり、マンデーの懐に重い一発がぶちこまれた。
マンデーが一瞬ぐらりと崩れた。

だがそこまでだった。次の瞬間、マンデーの右フックがGWの左頬にクリーンヒットし、GWを体ごと吹き飛ばした。宙を舞うGW。そしてマットに静かに落ちた。
「ワン、ツー……!」
レフェリーのカウントがどこかから聞こえる。
見上げるとマンデーの巨体が逆光の黒いシルエットになって見えた。

マネージャーの雪子がジムの扉を開けるとそこには何も無くガランとした空間が広がっていただけだった。机の上にGWのメモが残してあった。
「行ってしまったのね」
そう言うと雪子は窓の外を見つめた。
GWは旅に出たのだ。次の栄光の時(来年)を目指すために。
頑張れGW。負けるなGW。


vivotabNote8_3

インストール(ぼくらの)

オオェェアアェェオオェェアアエェ(リフレイン)
入れてみた。Windows10。VivoTab Note8に。問答無用で。

Clip Studio Paint今のところ問題無し。その他のソフト、と言ってもたいしたもの入れてないんですが、大丈夫なようです。まあ、Windows10とか言ってますが、実はまだWindows8.5ぐらいがホントなんじゃないかと。四捨五入を二度程すれば、ほらっ!(なにがだ)

>>続きを読む


pen_size0

ツールを切り替えるたびにペンサイズが戻る……

他のツールから特定のペンに戻るたびにサイズがリセットと言うか、固定されてると言うか、毎回同じサイズになって困っていたりしませんか?私は困りました。

おかしい…いったい何が……調べると、フォーラムでに初期化起動とかすると直ると言うQ&Aを見つけたりしたんですが、面……おや?

pen_size1

様子のおかしいペンに何やらマークがあるのを発見……何?
そして「ツールプロパティ」にも似たようなマークが……も・し・や?

ツールヒントになにやら書いてあります。
「サブツールをロックし、変更を保存しないようにします」

ほう……ポチっとな。

pen_size2

と言う訳で、直りました!

ペンサイズが毎回戻っちゃう時は「サブツールのロック」をチェックだ!


ぶち抜きテスト


最近はPHPでWebアプリとか作ってみた日々でしたが……何か違う……便利なんだけど……何か他のことやってみよう。

という訳で、WindowsにUnity5を落とせたのでチュートリアルやってみましたよー。

操作
左:← または a
右:→ または d

BGMは没作その1 by kumapom
エフェクトはチュートリアルそのまんま使ってます。

WordPress用にunityプラグインあるんですね。UnityDog。更新2年前ってのがちょっと怪しいですが動いてます。

参考リンク


DungeonSiege-7
ダンジョンシージ…それは微妙にマイナーなゲーム。マイクロソフトなんだけどね。発売は2002年。あれ?今2015年?

と言う訳で、まるで需要の無い記事を書いてみるよー!

以下Wikipedia引用。

『ダンジョン・シージ』(Dungeon Siege)は、2002年にGas Powered Gamesが開発し、マイクロソフト社が発売したアクションロールプレイングコンピューターゲーム。

誰が2015年にダンジョンシージについて語ると思っただろう。ロバもびっくり(びっくりドンキーって知ってます?)。

ここは…

その日オレは何をしていたのか……確かPainterとか言うソフトを探してダンボールを……ウッ、頭が……全然思い出せない。そう、気がつくとメシも食わずにダンジョンを彷徨っていたのだ。

目の前に広がるダンジョン……もしやこれはダンジョンシージというゲームではなかろうか。

いざプレイ

環境はWindows7 64bit。Athlon II X2。Radeon 5750。実にスーパーな構成である。
難易度はノーマル。前はイージーでやった気がする。

さて、このゲーム、自分では終わっていたと思っていたのだけれども、今プレイ中の某所の地下とか全然記憶に無く。あれは夢だったのだろうか……。

ちょっと横道それますが、ゲームの面白さは難易度で変わります。なんでも人間というのは出来るか出来ないかと言う時に最も物事に集中して面白く感じるのだそうで。なので自分に合った難易度でプレイしましょう。

このゲームは……MMO……いやMOPRGじゃないか

今回プレイして思ったんですが、これ、MORPGです。え?ネットに繋がっていない?他のプレイヤーいない?まあ、そうなんだけれども、仕組みとしてMOです。一人でパーティ組んで操作するゲーム。

キャラに一人一人指示が出来るのですよ。ネットゲームで自分にコマンド出すみたいに。ほっとくと指定してたコマンドをやってくれるのですけれども、それだとうまく行かないところがままありまして。その都度コマンドを各キャラにリアルタイムで指示する訳ですね。この構造がどう考えてもMO。

あと、これステージとかWorld of Warcraftにかなり影響与えてますね。これをMMO化してアレンジすればWoWになるんじゃないかと言う感じ。ゴブリンの出てくるメカ洞窟とかWoWのGnomereganすよ。多分スタッフが参考にプレイしたんだろうなぁ…。

ゲームTips

さて、誰が必要なのだろうか、2015年に贈るダンジョンシージプレイガイド。
DungeonSiege-2

まずはフォローを外せ

このゲーム、親切設計なのか自動フォローが初期設定でオンになってます。これがオンになっていると個別にキャラ操作が出来ません。一人が動くとみんなついてくる。

実に仲がよろしい……じゃなくって!そうなると全てのメンバーがもろとも敵陣に突っ込みます。そうなったら勝つかどうかはほぼ運で。うぉ、君、横のやつ引っ張ってくるんじゃない!うぁぁぁ……てな感じで、色々無理な感じになります。今すぐオフだ。

なお、Shift押しながらクリックで複数メンバー選択。Ctrl+Aで全員選択。

Pull!

MMORPGやったことのある人なら分かると思うんですが、タンク役(HPの高い戦士とか)が敵を小出しに引っ張ってきて、待ち受けていた他のメンバーでフルボッコにすると言う戦法を良くやります。

実はこのゲーム、フォローを外すとこれが可能です。これが分かるとこのゲーム凄く楽しい。

タンクとサブタンク掴んで敵陣からPull!

一歩ずつセーブ

ノーマル以上でやるとこのゲーム全滅の確率が凄く高いです。なので、倒したらセーブ。とにかくセーブ。オラオラプレイは無理なので心するように。

セーブは複数できるので、街、フィールド、ダンジョンとか分けてやるのがオススメ。妙なところでセーブすると詰みますからね。

オススメ?

面白いし、オススメ!……とか書きたいところだが、普通には売ってないないので微妙。いや、Amazonにあったりするのだけれども、今更この値段出して買うかって言う…いや、止めませんけど。

あまりドラマチックなゲームじゃないです。とてもシステマティックな感じ。なんつーかあれだ、とてもルーツな感じのするゲーム。多分Diablo > Dungen Siege > World of Warcraftの流れがあると思います。とりあえず私の中ではあります。

ゲーム製作者で未プレイの人とか参考に買ってみてもいいかもしれませんね。

CU Next Time !(んじゃ、またな!)